GT500のSTANLEY NSX-GT・山本尚貴選手が地元もてぎで初ポール!【SUPER GT 2021】

■GT500ホンダ勢、ホームコースで勢い止まらず

●2021 AUTOBACS SUPER GT Round4 MOTEGI GT 300km RACE

7月17日(土)~18日(日)に栃木県・ツインリンクもてぎで開催の「2021 AUTOBACS SUPER GT Round4 MOTEGI GT 300km RACE」。

5月に予定されていた第3戦鈴鹿がコロナ禍の影響で8月21日(土)~22日(日)に延期となり、今季3戦目として先に開催されたのが今回の第4戦もてぎです。梅雨明け初の週末である7月17日(土)は午前から気温が30度を超える暑さで、午後2時過ぎからの予選では33度という高い気温となりました。

Q1トップのSTANLEY NSX-GT
Q1トップのSTANLEY NSX-GT

3号車 CRAFTSPORTS MOTUL GT-Rが1分38秒台前半を出し、アタックが始まってきたQ1。そこを1号車 STANLEY NSX-GTの牧野祐選手が1分38秒001をマークし大きくトップタイムを塗り替えます。

Q1を担当した牧野任祐選手
Q1を担当した牧野任祐選手

そこに16号車 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GTが続き、Q1はHONDAが1、2トップとなります。ランキングトップの14号車 ENEOS X PRIME GR Supraはさすがに70kgのサクセスウェイトでQ1敗退となります。

●山本尚貴選手の地元、栃木のもてぎで初ポール

続いて行われたQ2では19号車 WedsSport ADVAN GR Supraの宮田莉朋選手が、37秒台を出しトップに浮上します。

予選2位の WedsSport ADVAN GR Supra
予選2位の WedsSport ADVAN GR Supra

しかし、その直後にSTANLEY NSX-GTの山本尚貴選手が1分37秒498でトップに立ちます。

STANLEY NSX-GT
STANLEY NSX-GT

チェッカーが振られた後もWedsSport ADVAN GR Supraの宮田選手は、第2セクターまではベストタイムでSTANLEY NSX-GTを追っていましたが、第3セクター途中でアタックをやめてピットに戻ります。ここで、STANLEY NSX-GTのポールポジションが確定しました。予選3位は16号車 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GTとなりました。

ポールポジションを喜びあう両選手
ポールポジションを喜びあう両選手

栃木県出身の山本選手ですが、実はツインリンクもてぎで開催されるSUPER GTでポールポジションを獲得するのは今回が初めてとなります。チーム体制に一部変更があったとのこと。しかし、そこをばねとしてチーム一丸となり獲得したポールポジションだ、と語る山本選手。

STANLEY NSX-GTの選手と監督
STANLEY NSX-GTの選手と監督

今シーズンは開幕岡山で8位、富士で4位と徐々に順位を上げてきているSTANLEY NSX-GT。このもてぎでは表彰台も期待できるのではないでしょうか?

ポールポジションを喜ぶレースクイーン
ポールポジションを喜ぶレースクイーン

レースのカギのを握るのは、やはり猛暑となりそうな気温と路面温度でしょう。やはり過酷な戦いとなりそうな決勝レースは18日(日)13時10分より63周で競われます。

(写真:吉見 幸夫、松永 和浩 文:松永 和浩