第4戦もてぎでGAINER TANAX GT-Rが今季2度目のGT300ポール獲得【SUPER GT 2021】

■猛暑となったS-GTもてぎ予選

●2021 AUTOBACS SUPER GT Round4 MOTEGI GT 300km RACE

7月17日(土)~18日(日)に栃木県・ツインリンクもてぎで開催の「2021 AUTOBACS SUPER GT Round4 MOTEGI GT 300km RACE」。

5月に予定されていた第3戦鈴鹿がコロナ禍の影響で8月21日(土)~22日(日)に延期されたために、今季3戦目として先に開催されたのが今回の第4戦もてぎです。梅雨明け宣言もあり、7月17日(土)は午前から気温が30度を超える暑さとなり、午後2時15分からスタートしたGT300クラスの公式予選Q1も気温33度、路面温度45度という、まさに夏本番!

Q1A組トップのGAINER TANAX GT-R
Q1A組トップのGAINER TANAX GT-R

午後2時15分、まずA組の15台がコースインします。そのA組の中でトップとなったのは11号車 GAINER TANAX GT-R。開幕戦岡山でポールポジションを獲得した平中克幸選手が、もてぎでもQ1のトップを決めてきました。

Q1 B組トップのStudie PLUS BMW
Q1 B組トップのStudie PLUS BMW

Q1のB組でトップタイムを叩き出したのは7号車 Studie PLUS BMW。Q1のA、B組通じてのトップタイムとして唯一の1分47秒台となる1分47秒949を記録します。

●完全なるポールポジションのGAINER TANAX GT-R

GT500の予選Q1を挟んでの15時8分よりポールポジションを決定するQ2が始まります。ここで速さを見せたのは1分47秒892という好タイムの244号車 たかのこの湯 GR Supra GT。

予選2位のたかのこの湯 GR Supra GT
予選2位のたかのこの湯 GR Supra GT

このタイムはそれまでの周回のトップタイムで、他のチームが狙ってくるターゲットタイムともなります。

GAINER TANAX GT-R
GAINER TANAX GT-R

しかし、そこに襲い掛かってきたのがQ1のA組トップのGAINER TANAX GT-R。安田裕信選手が1分47秒737でトップに躍り出ます。そして、そのタイムでポールポジションを獲得します。Q1 A組、Q2ともにトップタイムという完全なるポールポジション達成です。

ポールポジションのGAINER TANAX GT-R
ポールポジションのGAINER TANAX GT-R
予選2位のたかのこの湯 GR Supra GT
予選2位のたかのこの湯 GR Supra GT

予選2位はたかのこの湯 GR Supra GT。

予選3位のリアライズ 日産自動車大学校 GT-R
予選3位のリアライズ 日産自動車大学校 GT-R

そして予選3位は56号車 リアライズ 日産自動車大学校 GT-R。サクセスウェイトが72kgも乗った状態でのこのタイムは驚愕というしかありません。

GAINER TANAX GT-R
GAINER TANAX GT-R

この予選によりGAINER TANAX GT-Rは今季2度目のポールポジション。

SUPER GT初ポールの安田選手
SUPER GT初ポールの安田選手

安田選手は意外にもSUPER GTで初のポールポジション。またDUNLOPタイヤが3戦連続のポールポジションという記録を更新しました。

GAINER TANAX GT-Rの平中選手と安田選手
GAINER TANAX GT-Rの平中選手と安田選手

18日(日)の決勝レースも猛暑が予想されることから、タイヤのトラブルが気になるところ。

一発の速さを持つDUNLOPが前戦富士に引き続き勝利をおさめるのか? それとも予選5位で参戦100戦目のグッドスマイル 初音ミク AMGや、予選2位のたかのこの湯 GR Supra GT、予選3位のリアライズ 日産自動車大学校 GT-Rなどのヨコハマ勢や4番手の52号車 埼玉トヨペットGB GR Supra GTなどのBS勢が上位を狙ってくるか? タイヤ戦争としてレースを見ても面白いかもしれません。

そんな決勝レースは18日(日)13時10分より63周で争われます。

(写真:吉見幸夫、松永和浩 文:松永和浩