アイサイト初装備! GR86/BRZがフルモデルチェンジなのにフロントウインドウの形を変えなかった理由とは?【週刊クルマのミライ】

■先代モデルベースでアイサイトを開発したため、フロントウインドウのガラスはそのまま使うことが最低条件となった

トヨタスバルが共同開発するFRスポーツカー「86/BRZ」が、間もなくフルモデルチェンジを果たします。

この兄弟車の特徴は水平対向エンジンを使ったことで実現した低いノーズにあります。現在のクルマは歩行者保護性能への要求レベルが高く、ボンネットとエンジンの間に想像している以上の空間が必要です。

86/BRZは幅こそ広いものの、高さ方向にはスペースが稼ぎやすい水平対向エンジンを使うことで歩行者保護性能を確保しながら、古典的なスポーツカー像として求められる低いノーズを実現しました。

GR86side
GR86を真横から見ると先代のイメージが色濃い。これはフロントウインドウの角度が変わっていない影響が大きい

そのアドバンテージは新型でも継承されています。ボアアップによる2.4Lへと排気量が増えた自然吸気エンジンを積む新型GR86/BRZ(86はGR86に改名しました)ですが、開発段階ではターボも検討されたといいます。

とはいえ、水平対向ターボにするとターボチャージャーのスペースを確保するためにエンジン搭載位置は高くなってしまいますし、インタークーラーのレイアウトも課題となります。

いずれにしてもターボエンジンでは、この低いノーズは実現できないということで、排気量アップによるパフォーマンス向上を選んだというわけです。

GR86_BRZ
GR86(右)とBRZ(左)。まずはBRZが今夏に販売開始になる予定だ

それはさておき、新型GR86/BRZのプロトタイプを遠目に見ると、フルモデルチェンジのわりにはシルエットが変わっていないと感じませんか? いくら車体設計の基本となるプラットフォームをキャリーオーバーで利用しているといっても、もう少しイメージチェンジできなかったのだろうかと正直感じます。

筆者がデザイナー氏にそうした点を訊ねてみると「フロントウインドウの形が同じなので…」という答えが返ってきました。

それに対して「え? コストダウンのためですか」と筆者が聞くと、デザイナー氏は首を横に振りました。

新型GR86/BRZがフロントウインドウを先代モデルから受け継いだのには、深いわけがあります。

BRZ_AT_int
新型BRZ(プロトタイプ)のコクピット。フロントウインドウ内側にステレオカメラが置かれている

それは、先進運転支援システム「アイサイト」を初めて採用したことにあります(現時点ではATのみ)。

フロントウインドウ内側にステレオカメラを置き、その映像データをもとにAEBS(衝突被害軽減ブレーキ)やACC(追従クルーズコントロール)、車線中央維持といった機能を実現するアイサイトは、非常に繊細なセッティングが必要になります。そもそもカメラ位置が低くなってしまうスポーツカーではセンシング能力的に不利なシステムです。ですから、86/BRZでアイサイトを実現するために、スバルのアイサイト担当開発陣は長い時間をかける必要がありました。

当然、開発の初期段階では初代BRZをベースで進めることになります。つまり、アイサイト用ステレオカメラの設置場所(ガラスとルーフ端の距離感)、フロントウインドウの曲率、ワイパーの払拭エリアなど、アイサイトの精度を高めるのに必要なスペックは初代と同じにする必要があります。それゆえ、フロントウインドウの形を同じにしなくてはいけなかったのです。けっしてコストダウンのためではありません。

currentBRZ-AT
プラットフォームは同一で、フロントウインドウの形状が変わっていないこともあって、シルエットは新旧で似ている。写真は旧型BRZ

ちなみに、新型GR86/BRZが用いるステレオカメラはスバルでいうアイサイトVer.3相当ということですから、最新システムを採用したレヴォーグと比べるとひと世代前の日立製となっています。その事実は、かなりの時間をかけてスポーツカーとアイサイトの適合を取ってきたことを示しています。

たしかに、デザイン優先で後からフロントウインドウの形を変えるというリクエストを出すことは難しかったのでしょう。

そして、現時点はアイサイトを備えるのはATだけということですが、継続生産車であって2025年12月にはAEBSが義務化が始まります。すなわち、GR86/BRZは、それまでにはMTにもアイサイトを搭載する必要があるのです。

開発エンジニアにうかがったところ、史上初めてMTにアイサイトを適合させるべく開発を進めているということです。将来的にはGR86/BRZ全車にアイサイトが標準装備となることでしょう。

MT派の中には、アイサイトのような先進運転支援システムを嫌っている人もいるかもしれません。そうした趣向の方であれば、早めに買っておかないとアイサイト非装着のGR86/BRZは新車では買えない時代になってしまうかもしれません。

自動車コラムニスト・山本 晋也