メルセデス・ベンツ GLE改良型を初キャッチ。前後デザインが進化!

■初の大幅。キャビン内にはタブレットディスプレイ搭載の可能性も

メルセデス・ベンツのミッドサイス・クロスオーバーSUV、「GLE」改良型プロトタイプをのカメラが初めて捉えました。

メルセデス・ベンツ GLE_003
メルセデス・ベンツ GLE 改良型プロトタイプ

GLEは2015年に「Mクラス」改良モデルとして登場、2019年にはGLEとしてフルモデルチェンジされ、これが初の大幅改良となります。

メルセデス・ベンツ GLE_005
メルセデス・ベンツ GLE 改良型プロトタイプ

シュトットガルトのダウンタウンでUターンをしているところを捉えたプロトタイプは、車体前後をカモフラージュしておりディテールは不明です。

しかし新設計されるヘッドライトの間には横スラットの入ったグリル、水平バーを備えるよりスポーティなエアインテーク、刷新されたバンパーが確認できます。

メルセデス・ベンツ GLE_008
メルセデス・ベンツ GLE 改良型プロトタイプ

後部ではテールライトがカモフラージュされており、グラフィックの変更は濃厚と言えそうです。

車内の撮影はできませんでしたが、「CLS」や新しい「Sクラス」にみられる新ステアリングホイールを装備、タブレット型インフォテイメントシステムの採用も期待されています。

現行型パワートレインは、最高出力249psを発揮する2.0リットル直列4気筒エンジン、最高出力367psを発揮する3.0リットル直列6気筒ターボチャージャーエンジン、頂点には最高出力490psから611psを発揮する4.0リットルV型8気筒エンジン+マイルドハイブリッド「EQ Boost」がラインアップされています。

改良型でのエンジンオプションは謎ですが、いくつかのエンジンはアップグレードされる可能性があるといいます。

GLE改良型のデビューは、最速で2022年内と予想されています。

(APOLLO)