ツインヘッドライトの予感!? BMW X7改良型のテスト車両がニュルを疾走

■クワッドターボディーゼル「M50d」は「M45e」プラグインハイブリッドに変更

BMWが現在開発中の大型クロスオーバーSUV「X7」改良型の最新プロトタイプをカメラが捉えました。

BMW X7_006
BMW X7 改良型プロトタイプ

初代となる現行型X7は2019年に登場。LCI(Life Cycle Impulse=マイナーチェンジ)へは少し早いタイミングのようですが、これまでのライバルであるメルセデス・ベンツ「GLS」に加え、レクサスが3列7人乗りとフラッグシップSUVを開発しているという噂もあり、大幅改良が前倒しされるようです。

BMW X7_008
BMW X7 改良型プロトタイプ

ニュルブルクリンク高速テストに出現したプロトタイプは、前後をカモフラージュ、フロントグリルがどのように進化しているか判断が難しいですが、決して小さくは見えません。

注目はヘッドライトで、現行型よりかなり低い位置に取り付けられており、ボンネットに接触していません。これは上下二分割されたデュアルヘッドライトが採用される可能性を意味しています。

後部では、LEDテールライトのグラフィックのリフレッシュやバンパーの微調整など小規模な改良に留まりそうです。また内部では、インフォテイメントシステムのソフトウェア・アップデート、トリム類の見直しが図られるはずです。

パワートレインは、最高出力340psを発揮する3.0リットル直列6気筒ガソリンターボエンジンや、最高出力530psを発揮する4.4リットルV型8気筒ガソリンエンジンなどがキャリーオーバーされると予想されますが、クワッドターボディーゼルの「M50d」は近日中にラインアップから外され、「M45e」プラグインハイブリッドにとって代わるほか、フラッグシップモデルとして「M60i」が新たに設定されると噂されています。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?