内外刷新! BMW 8シリーズクーペが大幅改良へ

■キドニーグリルを若干拡大、ヘッドライト&テールライトのグラフィックも変更

BMWは現在、フラッグシップ2ドア「8シリーズクーペ/カブリオレ」改良型を開発していますが、先日のカブリオレに続いて、クーペをカメラが初めて捉えました。

BMW 8シリーズ_002
BMW 8シリーズ クーペ 改良型 プロトタイプ

第二世代となる「G14」現行型は2018年に発売されており、これが初の大幅改良です。

ドイツ市街地で捉えたグリーンとホワイトの2台のプロトタイプは、どちらもフロントおよびリアを中心にカモフラージュ。

注目のキドニーグリルは、M3/M4のように大型化されず、わずかなサイズアップにとどまりそうです。一方、ヘッドライトはわずかにスリムに見えるほか、テールライトのグラフィックも更新されている様子が伺えます。

キャビン内では、より大きなインフォテイメントディスプレイを搭載、最新バージョンの「BMW iDrive」が搭載されることは間違いないと思われます。

そのほか、センターコンソールのHVAC、ラジオコントローラー、ギアセレクタ、カップホルダーなどは現行モデルと同じですが、今後リフレッシュされる可能性もあるでしょう。

BMW 8シリーズ_010
BMW 8シリーズ クーペ 改良型 プロトタイプ

パワートレインは、ターボチャージャーを備える3.0リットル直列6気筒ガソリンとディーゼルエンジンの両方をキャリーオーバー、4.4リットルV型8気筒ターボエンジンを搭載する「M850i」も引き続き販売されます。

8シリーズクーペ/カブリオレ改良型のデビューは2022年前半、その後最強モデル「M8」も期待されています。

(APOLLO)