最高出力292ps/320Nmを発揮する「アルピーヌA110 リネージGT 2021」が世界限定300台でオーダー受付開始

■世界300台でオーダーストップになる特別なA110

以前お伝えしたように、アルピーヌA110 リネージGT 2021」が2021年6月10日に設定されました。

このアルピーヌA110 リネージGT 2021」は、世界で300台のみ生産される限定車で、購入申込みは、6月10日(木)から7月18日(日)まで、アルピーヌ・ジャポンオフィシャルウェブサイト内の専用申込ホームページ、アルピーヌ正規販売店でオーダー受付となっています。

申込み期限前に世界での受注台数が300台に達した場合は、その時点で受付終了となるため、気になっている方は急ぐ必要があります。

アルピーヌA110
世界300台限定の「アルピーヌA110 リネージGT 2021」が受注を開始

アルピーヌA110が売れている国は、フランス、ドイツ、日本といったマーケットで、「アルピーヌA110 リネージGT 2021」は、日本でもファン必見の限定車。

ミッドシップスポーツらしい非凡なドライバビリティに加えて、洗練されたデザインと快適性も特徴で、日常使いにも向く扱いやすさはもちろん、ロングドライブも快適にこなすことができるそう。

アルピーヌA110
「アルピーヌA110 リネージGT 2021」のリヤビュー

同限定車は「アルピーヌA110 リネージ」をベースに、最高出力292ps・最大トルク320Nmというパワフルなエンジンを搭載することで、グランドツアラーとしての性能が引き上げられています。なお、最高速は250km/h、0-100km/h加速は4.4秒でクリア(いずれも参考値)。

エクステリアは、専用ボディカラーの「アルジャンメルキュールマット」をはじめ、新デザインの「GRAND PRIX」ホイール、ゴールドキャリパーによってスポーティな足まわりも目を惹きます。

さらに、「ペールゴールド」のロゴとエンブレム、そしてクリアタイプのリヤLEDランプが上品なムードを漂わせていて、ほかの「アルピーヌA110」とは異なるデザインと雰囲気が与えられています。

アルピーヌA110
「アンバーブラウン」の「サベルト」製レザーシートとドアトリム、チタンブラック内装などを備える

インテリアは、「アンバーブラウン」の「サベルト」製レザーシートとドアトリム、チタンブラック内装、ブリリアントカーボン(銅色アウトライン入)、マイクロファイバールーフトリムなどの高品質な素材が使われていて、落ち着いたムードとスポーティさが醸し出されています。

「アルピーヌA110 リネージGT 2021」の価格は941万円。ステアリング位置は、左右ともに設定されています。ベース車の「アルピーヌA110 リネージ」は、849万円ですので、価格の面からもスペシャルな仕様であることが分かります。

アルピーヌA110
シリアルナンバー入りのプレートが備わる

塚田 勝弘