メルセデス・ベンツのEV版Sクラス・EQSに早くもワゴン設定!? デザインを大予想

■市販化されれば世界トップクラスのラグジュアリー電気ワゴンに

メルセデス・ベンツは4月、フラッグシップEVサルーン「EQS」を発表しましたが、その派生モデルとなる「EQSステーションワゴン」を大予想しました。

メルセデス EQS AMG_002
メルセデス EQS AMG 開発車両

EQSはその名の通りSクラスのEVバージョンで、クロスオーバーSUV「EQC」、ミニバンの「EQV」、コンパクトSUV「EQA」などに続くエレクトリックモデルです。

内燃機関Sクラスと異なり、流麗なファストバックのクーペルーフを特徴とし、Cピラーをより後部へ移動、全長5216mmのボディをオーバーハングを切り詰めることにより、広大な居住空間を実現しています。

メルセデス・ベンツ EQS
メルセデス・ベンツ EQS

予想されるステーションワゴンではさらにルーフを延長、3つのLEDデイタイムランニングライトを備えるヘッドライト、滑らかなノーズなどEQSから継承、世界トップクラスのラグジュアリーワゴンとなるはずです。

室内ではダッシュボード全幅を支配する「MBUXハイパースクリーン」を搭載するでしょう。

これまでいくつかのチューニングメーカーがSクラスワゴンの製作を試みていますが、メルセデス・ベンツの純正モデルでは存在していないほか、世界のエレクトリックモデルでも巨大ワゴンはめずらしいため、中国市場などで需要は高いかもしれません。

残念なのは、EQSでみられる美しいルーフシルエットが消えてしまっていることです。しかし、低く洗練されたフロントマスクや、湾曲したベルトラインなどは生かされており、期待感が高まります。

パフォーマンスでは、最高出力523hpを発揮、0-100km/h加速4.3秒、蓄電容量は107.8kWh、1回の充電による航続はWLTP計測で770kmと、EQS「580 4MATIC+」同レベルのスペックも予想されます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?