1,000馬力のハマーEV、今秋発売へ向けオフロードテスト公開!

■価格は1,200万円! 35インチタイヤを含むエクストリームオフロードパッケージなど満載

GMが展開するGMCブランドは新生「ハマーEV」を4月に発表しましたが、新たにオフロードテストを開始したことを発表しました。

ハマーEV_009
ハマーEV

ハマーEVは、内燃機SUV「ハマー」後継モデルとして約10年ぶりにEVとして復活したピックアップトラックです。ピックアップとして、これまでの常識を覆す3モーターを搭載、最大1,000hpというハイスペックを誇ります。

ハマーEV_010
ハマーEV

プロトタイプがテストを行っているのはユタ州モアブです。ここではジープがハードなオフロードテストを行うために何年も訪れているほか、フォードはブロンコやブロンコスポーツでその頑丈さを証明するために、2020年にテストを行っているオフロードハードテストの聖地です。

ハマーEVは、電気ピックアップがオフロードで走行する補助をする多くの技術が投入されています。

たとえば、地形モードでは2つのレベルのブレーキが提供されます。ノーマル設定と、アクセルを使用して1ペダルで運転、クロールを容易にする設定です。ワンペダルドライビングは、アクセルペダル全体で回生ブレーキ、摩擦ブレーキ、駆動モータートルクを最適化することにより、優れたコントロール感を提供します。

さらにアクティブエアサスペンションでは、車高を最大5.8インチ(147mm)リフトアップ、高低差のある岩場や川の走行を手助けしてくれます。

ハマーEV_007
ハマーEV

ハマーEVエディション1は、今秋112,595USドル(約1,200万円)で発売、ホワイトボディの外装とルナホライゾングレーの内装があしらわれており、スーパークルーズの先進運転支援システムやアンダーボディアーマー、ロックスライダー、35インチタイヤを含むエクストリームオフロードパッケージなどの機能が満載です。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?