BMW X5最強モデル「X5M」改良型、自立型デジタルインストルメントクラスタ採用!

■新ディスプレイ、の開閉装置やミニマリストのギアシフターなど搭載

BMWは現在、ミッドサイズ・クロスオーバーSUV「X5」改良型を開発していますが、そのハードコアモデルとなる「X5M」市販型プロトタイプを、カメラが初めて捉えました。

BMW X5M_003
BMW X5M 改良型プロトタイプ

4代目となる現行型X5、「G05」世代にはじめて設定された「X5M」にとって、これが初の大幅改良となりますが、どんな進化をみせてくれるか注目されます。

BMW X5M_011
BMW X5M 改良型プロトタイプ

まだまだ雪が残る北スウェーデンで捉えたプロトタイプは、開発初期段階のため一切カモフラージュがなく、現行デザインのままです。

唯一異なっているのはヘッドライトのレンズの内部で、グラフィックが刷新される可能性が高いようです。ただし現在はプレースホルダー(ダミーコンポーネント)が装着されています。

注目は、プロトタイプがカメラを通過する一瞬に捉えたコックピット画像です。鮮明ではないものの、「iX」に採用されているものと同様の自立型デジタルインストルメントクラスタとインフォテインメントシステムが確認できます。

おそらくインストルメントクラスタは12.3インチ、インフォテインメントディスプレイは14.9インチと予想され、新設計の開閉装置やミニマリストのギアシフターも期待できるでしょう

BMW X5M_007
BMW X5M 改良型プロトタイプ

現行型パワートレインは最高出力608ps・最大トルク750Nmを発揮する4.4リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載、8速オートマチックトランスミッションに接続されており、アクティブMディファレンシャルを備えるMxDrive全輪駆動システムに動力が送られます。このセットアップにより、オプションのMドライバーパッケージを装備したモデルでは、0-100km/h加速3.8秒、最高速度285km/hに達することができます。

またコンペティションバリアントでは最高出力が625psへ向上、0-100km/h加速は3.7秒に短縮します。おそらく改良型ではこれらがキャリーオーバーされるでしょう。

X5M改良型の登場は明確になっていませんが、現行型X5のデビューは2018年、X5Mが2019年に登場していることから、早くとも2022年以降と予想されます。

(APOLLO)