白熱のEVレース第2戦、ポルシェ・タイカンが2連敗? テスラモデル3は土つかず【JEVRAシリーズ】

■テスラ・モデル3に乗る地頭所光選手の連勝が続く

12年目のシーズンを迎えているJEVRA(日本電気自動車レース協会)主催のEVレース・シリーズ「ALL JAPAN EV-GP SERIES」。4月の開幕戦に続いて、このGWに第2戦(5月5日/千葉県 袖ケ浦フォレスト・レースウェイ)が開催されました。

JEVRA Rd2スタート
スタートで前に出たのはTAKAさん選手。背後にはタイカンが迫る

このJEVRAシリーズは、電気自動車(BEV)および、最終的な出力が電動のみとなる車両(燃料電池車やレンジエクステンダーEV)で行われるレースシリーズで、2010年の初レース開催以来、いわゆる市販車から、フリートテストで使用された市販されていない車両も含め、実に数多くの車両が参戦をしているシリーズとなります。

参戦する選手も元F1ドライバーやGTドライバーといった有名どころもいれば、普通のEVオーナーまで、実に幅広いのも特徴です。

JEVRA Rd2 1号車
地頭所選手は昨シーズンからの8連勝を達成

その12年目のシーズンがスタートしています。2019年の最終戦から参戦のあるテスラモデル3が昨年も圧倒的な速さで、全戦全勝となっています。そのモデル3の快進撃に待ったをかけるべく参戦してきたのが、ポルシェ・タイカンです。

JEVRA Rd2 36号車
タイカンをこのEVレースに持ち込むKUNI選手(右)と同チームからモデル3で参戦するKIMI選手(左)

タイカンは、モーターを2基前後に搭載し、2トンを超える車両ですが、0-100km/h加速は最速2.8秒(ターボS)というモデルです。そのプロトモデルでドイツ・ニュルブルクリンク北コース(ノルトシュライフェ/20.81km)を7分42秒というラップタイムを記録(2019年8月)しています。

JEVRA Rd2 36号車
前半は良いペースでレースをリードするも…

そのタイカンの国内初レースとなったのが、4月10日(土)に富士スピードウェイで開催されたJEVRAシリーズ開幕戦でした。このタイカンを持ち込んだのはガルフ・レーシングのチームオーナーであるKUNI(国江仙嗣)選手です。SUPER GT選手権へガルフカラーのポルシェGT3で参戦していたチームのチーム・オーナーです。

開幕戦の予選では、そのタイカンが圧倒的な速さを見せました。1分54秒882というタイムでポールポジションを獲得しました。連勝記録を作ってきたモデル3の最速タイムが1分55秒779(地頭所光選手/TEAM TAISAN東大UNテスラ)とコンマ9秒も離されていることからも、その速さが光ります。

迎えた決勝レースでも、序盤から一気に後続を引き離す走りを見せます。2番手以降を5秒以上離すという離れ業を見せつけたわけですが、全55kmのレース(周回数は12周)の折り返しを前に、車両の制御モードが入ってしまって失速し、4台のモデル3にパスされ、結果は5位というデビューレースとなっていました。

JEVRA Rd2スタート
スタートで前に出たのはTAKAさん選手。背後にはタイカンが迫る

そして今回、第2戦の舞台は千葉県の袖ケ浦フォレストレースウェイ。国際格式の大きなサーキットではなく、全長2.463kmのいわゆるミニサーキット。タイカンの得意とするストレート加速を発揮するポイントは少なく、高低差もあまりないためモデル3とのタイム差もそれほどでないのではないか?という予想でした。

JEVRA Rd2トップ3バトル
レース前半は逃げるタイカンを追う2台のモデル3という展開

気になる予選では、タイカンの前回の速さは影を潜め、地頭所光選手(#1 TEAM TAISAN東大UNテスラ)がトップタイムとなる1分13秒085のタイムでポールを獲得しました。気になるタイカンは1分15秒095というタイムでKUNI選手(#36 GULF RACING TAYCAN)は5番グリッドという結果に。2番グリッドのTAKAさん選手(#33 適当LifeアトリエModel3/1分13秒539)から、アニー選手(#35 スエヒロModel3/1分14秒901)、KIMI選手(#8 GULF.RACING.Model3/1分15秒076)と上位4台がテスラモデル3となっています。

ちなみに今回、この第2戦には10台が参戦。タイカン1台、モデル3が5台、EV-2クラスの日産リーフが1台、EV-Rクラスの日産ノートe-Powerが3台という内訳でした。

JEVRA Rd2充電
ICCの電源車と東洋電産の充電トラックが充電サービスを展開

予選後、充電時間を挟んで、夕方4時に決勝レースがスタートしました。今回も55kmレースということで、この袖ケ浦ではコース23周で争われました。この日の天候は曇りで、気温はそれほど高くなく、予報されていた雨の影響を受けることなくレースは行われそうです。

レーススタートで2番グリッドのTAKAさん選手が1コーナーへ真っ先に飛び込んでいきます。ポールスタートの地頭所選手がこれに続き、3番手に上がったのがタイカンのKUNI選手でした。5番グリッドからの加速で一気に2台をパスしてきました。さらにタイカンは前を行く2台のモデル3をパスして、オープニングラップをトップで通過します。

JEVRA Rd2トップ3バトル
タイカンがセーフティモードに入るや否や、2台のモデル3が襲い掛かる

このタイカンを2台のモデル3が追いかける展開となりました。といっても開幕戦の様相とは異なります。富士では後続を一気に引き離していった姿とは異なり、常に2台のモデル3を従えての走行です。ストレートで離されるもののコーナーで詰めるという展開です。

トップを快走する地頭所選手
2位のTAKAさん選手を引き離しての優勝は地頭所光選手です。地頭所選手は今季2連勝

しかし、この展開もレース半分を待たずして、11周目にまたしてもタイカンが失速です。これでトップは入れ替わりますが、2番手で追い上げていたTAKAさん選手に対して、そのトップ2台のバトルを冷静に見て、バッテリーの温度も含め、温存していた地頭所選手が一枚上手。まさに漁夫の利というカタチでTAKAさん選手をあっさりとパスして、トップでチェッカー。

地頭所光選手(#1 TEAM TAISAN東大 UN テスラ)の連勝は昨年の7戦6勝(1戦欠場)、そして今季の2連勝で8連勝となりました。ちなみにモデル3の連勝は2019年の最終戦以来、10連勝となりました。

JEVRA Rd2表彰台
表彰台に上がったのは、地頭所選手とTAKAさん選手、そして今回初参戦の今橋選手

2位にはTAKAさん選手(#33 適当LifeアトリエModel3)。3位には、今回EVレース初参戦となった今橋彩佳選手(#2 ガーデンクリニック TAISANアキラR)が入りました。6番グリッドからスタートでしたが、スタートで直前の車両が発進できなかったため、出遅れたものの、冷静に徐々に追い上げ、このポジションを獲得しました。

タイカンは最終的に5位フィニッシュとなりました。KUNI選手は「冷却についても準備を進めてきましたし、今日のレースでは多少ペースは抑えたのに、前回と同じ距離(富士では12周のうちの6周目、袖ケ浦では23周のうちの11周目)で制御モードに入ってしまった。これはニュルのアタックと関係あるのかなぁ? 早く原因を調べて対策したい」とのことでした。

JEVRAシリーズは、続くALL JAPAN EV-GP ROUND.3「全日本 筑波 EV 55kmレース大会」を6月6日(日)に茨城県・筑波サーキットで開催予定です。

(文・写真:青山 義明

『モータースポーツ』の最新記事
織戸学と山本磨美
織戸学、全日本ラリー選手権第 6 戦「MONTRE(モントレー)2021」に参戦!
Floral Racing with ABSSA/#290 Floral UEMATSU FG 720S GT3
スーパー耐久・富士24時間レースの井出有治&マクラーレンGT3を振り返る「勝てたレースだけに3位でも悔しさ倍増…」
夜明けごろの水素エンジン搭載カローラスポーツ
水素エンジン、斯く戦えり。世界初の水素エンジンレーシングカーでトヨタの社長がレースを走った【スーパー耐久2021】
井出有治
憧れのチーム・インパル(IMPUL)からフォーミュラニッポン参戦…でも、星野一義さんの愛猫と井出有治の相性は最悪だった!?
佐藤琢磨選手
世界三大レース「インディ500」開幕直前。ディフェンディングチャンピオン佐藤琢磨が連覇への意気込みを語る

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事