マイナーチェンジを受けたレクサスESのエクステリア、インテリアデザインをチェック

■3眼ヘッドランプが「ブレードスキャン式アダプティブハイビームシステム」に

以前お伝えしたように、新生レクサス第1弾ともいえるESが「上海モーターショー2021」の開幕を機に発表されました。FRのレクサスGSが廃止され、FFのESがアッパーミドルサイズセダンを牽引しています。

レクサスES
マイナーチェンジモデルが発表されたレクサスES

今回のマイナーチェンジでは、リヤサスペンションメンバーブレースの剛性を引き上げたほか、スポーティ仕様の「F SPORT」に新型のアクチュエータを使った最新のAVS(Adaptive Variable Suspension system)が搭載されるなど、ハンドリングや乗り心地の進化が盛り込まれているとのこと。

レクサスES
新型レクサスESのエクステリア

高級セダンとして不可欠である、モダンなエクステリアデザインもマイナーチェンジのトピックス。

新型ESは、フロントグリルとヘッドランプのデザインを変更。お馴染みのスピンドルグリルは、ESらしさを継承しつつメッシュパターンに変わっていて、横方向の流れを強調するL字ユニットの集合体で構成されています。

これにより、フロントグリルの押出し感が強調され、質感の向上も図られています。

レクサスES
ヘッドライトは、単眼ランプが新小型ユニットに変更され、3眼ランプは、「ブレードスキャン式アダプティブハイビームシステム」になっている

キリッとしたヘッドライトは、単眼ランプが新小型ユニットに変更。3眼ランプは「ブレードスキャン式アダプティブハイビームシステム」になり、機能性が向上。

さらに、新薄型ランプユニット採用によって、鋭い表情を生み出しています。

レクサスES
ホイールデザインも刷新されている

アルミホイールの意匠変更も盛り込まれています。17インチホイールはスポーク端部が太くなり、切削光輝加工の質感を強調。V字に重ね合わせることでスポーティムードが強調されています。

ベースグレードに標準装備される18インチホイールは、切削光輝加工とブラック塗装のコントラストが際立つ多軸スポークになり、高級感を演出。

「F SPORT」専用となる19インチホイールは、フロントグリルの黒色とマッチするつやのある黒色のホイールになり、足元から引き締まった表情に。「F SPORT」には、LEXUSロゴ入りオレンジ塗装キャリパーが追加設定され、よりスポーティな佇まいになっています。

ボディカラーには、強い陰影により造形を際立たせる「ソニックイリジウム」と、金属質感と高光沢を実現したという「ソニッククロム」の2色が新色として加わります。

レクサスES
新型レクサスESのインパネ

一方のインテリアには、新規開発された内装色にブラウン系の「モーヴ」が採用され、落ち着きのあるモダンな空間を享受できるほか、「ヘーゼル」も新たに加わっています。

「F SPORT」には、ホワイトが新たに追加されると共に、ホワイト、「フレアレッド」の座面と背もたれにブラックの配色が加わったことでスポーティムードを付加。

見た目の印象を左右するオーナメント加飾では、ラグジュアリーさを演出するウォールナット素材が新たに使われるほか、新開発の「墨ブラック」と「ダークブラウン」を採用。さらに、ヘアラインの加飾がレーザーで一本ずつ彫る加工方法に変更され、より細やかでモダンな雰囲気をまとっています。

レクサスES
新型レクサスESのフロントシート

使い勝手の向上も図られています。レクサスが掲げる人間中心の考え方に基づき、マルチメディアシステムをタッチディスプレイ化。

さらに、ドライバーとディスプレイとの最適な距離と角度を追求することで、ディスプレイを約100mm近づけ、角度を約5度傾けることでドライバーの手が画面隅まで届くように変更されたそう。画面にはガラス素材を採用され、視認性や操作性も向上。

レクサスES
マイナーチェンジを受けたレクサスESのテールランプ

ほかにも、スイッチをステアリング周辺に集約するなど、より使いやすいユーザーインターフェースにアップデートされています。

※上記の写真はすべてプロトタイプです。

塚田 勝弘

『LEXUS』の最新記事
レクサスNX
新型レクサスNXのプラグインハイブリッドは、前後2モーターに総電力量18.1kWhのバッテリーによりクラストップレベルのEV航続距離を実現
レクサスLS
松山英樹選手のマスターズ初制覇を記念したレクサスの特別限定車がLS、LC、RXに設定
レクサスNX
レクサスNXがフルモデルチェンジ。流行の横一文字リヤコンビランプを採用
新型レクサス「NX」がいよいよワールドプレミア! 刷新された前後意匠を先行公開
レクサス
レクサスが2021年にブランド初のPHEV、2022年にEV専用モデルを投入へ

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事