車名が自分で命名できる!? イタリア新興メーカーが次世代ハイパーカーを開発

■過去には「ありえない」というモデル発売! 新型は「ソルパッソ」で決まり

イタリアを拠点とする新興メーカー「FVフランジベント」社が、新型ハイパーカー「Sorpasso」(ソルパッソ)を世界初公開しました。

FV フランジベント ソルパッソ_002
FV フランジベント ソルパッソ
FV フランジベント ソルパッソ_003
FV フランジベント ソルパッソ

FVフランジベントといえば、以前、イタリア・ピエモンテの言葉で「ありえない」を意味する「アスファネ・ディエチ・ディエチ」(10:10の意味で馬力を表す)という1,000ps超えのハイパーカーを発表して話題になりましたが、2年ぶりの新型モデル登場となります。

デザインは、GT3グループのクルマにインスパイアされたアグレッシブなエクステリアを持ち、フロントエンドからサイドはマクラーレン風、ランボルギーニなどイタリア系スーパーカーとは一線を画したデザインが特徴です。

市販型では、「Stradale」と「GTXX」の2グレードがラインアップされますが、注目は後者をセレクトした場合、「XX」に好きな車名を入れられることです。また、両モデル購入者には「ProgrammaSvilluppo」と「ProgrammaEgo」という2つの個人プログラムに30日間参加でき、スタイリストとともに車両を好きなようにデザインできるという特典があるといいます。

FV フランジベント ソルパッソ_001
FV フランジベント ソルパッソ

ボディカラーは、「Stradale」にエレガントなエルメスグレー、「GTXX」はツートンカラーを特徴としています。キャビン内では、アルカンターラを豊富に採用、マリオレヴィグループの歴史的なトリノベースのアトリエによって作られた革もあるといいます。

「Stradale」「GTXX」ともパワートレインは、V型10気筒自然吸気エンジンを搭載、最高出力は「Stradale」が610hp、「GTXX」が850hpを発揮、0-100km/h加速は2.9秒で駆け抜け、最高速度は345km/hのハイパフォーマンスを魅せます。

価格は未発表ですが、すでに予約は開始されており、7月末までにはデリバリーが完了する予定だといいます。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
メルセデスベンツ Cクラス_006
メルセデス・ベンツ Cクラスにカブリオレ設定が確実に! プロトタイプを初スクープ
BMW M3 ツーリング_003
BMW M3初のツーリング市販型をミュンヘンで目撃!「コンペティション」は510馬力と予想!
起亜 ニロ_005
起亜が電動化を加速。自慢のEVスペシャリスト「ニロ」第2世代をアルプス山中で補足!
起亜 プロシード_014
ポルシェを模したLED DRLを装備? 起亜プロシード改良型、内外装をキャッチ
メルセデス AMG C63_003
これが最終デザインだ! メルセデス最強コンパクトワゴン、AMG「C63ステーションワゴン」次期型だ

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事