開幕戦岡山のGT300予選はGAINER TANAX GT-Rが7年ぶりのポールポジション獲得!【SUPER GT 2021】

■GRスープラ祭りとなったGT300予選Q1

コロナ禍の中でも感染対策を万全としながら開催にこぎつけたSUPER GTの2021シーズン。4月10日・11日の日程で岡山国際サーキットで開幕戦である「2021 AUTOBACS SUPER GT Round1 たかのこのホテル OKAYAMA GT 300km RACE」が開催され、4月10日はその公式予選が行われました。

たかのこの湯 GR Supra GT
たかのこの湯 GR Supra GT

ノックダウン形式で行わわれるSUPER GTの予選。参加台数が29台にも及ぶGT300は2グループに分けられ、各々の上位8台がQ2へ進出することになります。

たかのこの湯 GR Supra GT
たかのこの湯 GR Supra GT

第一のグループとなるグループAでは午前中の公式練習でトップタイムを叩き出した新型BRZをベースとした61号車SUBARU BRZ R&D SPORTが新造車としての走りを見せるかと期待されたものの不発に終わり、Q1敗退となりました。

このQ1のグループAでトップタイムをマークしたのはSUPER GT参戦2年目のMAX Racing。244号車は「たかのこの湯 GR Supra GT」としてTOYOTA GR Supra GT300にマシンがチェンジされ、堤優威選手のドライブで終了1分前に1分25秒866というトップタイムを叩き出しました。

SYNTIUM LMcorsa GR Supra GT
SYNTIUM LMcorsa GR Supra GT

Q1のグループBでは、こちらもTOYOTA GR Supra GT300の60号車 SYNTIUM LMcorsa GR Supra GTが吉本 大樹選手のドライブで1分25秒955のトップタイム。

TOYOTA GR Supra GT300のコンストラクターでもある埼玉トヨペットGBの52号車 埼玉トヨペットGB GR Supra GTの川合孝汰選手が1分25秒987で2番手とTOYOTA GR Supra GT300がQ1の上位を占めるという活躍ぶりを見せました。

■昨年の上位陣の意地か?上位4台は2020チャンピオン争いのチーム

TOYOTA GR Supra GT300が圧倒的な強さを見せたQ1でしたがそのままTOYOTA GR Supra GT300が予選を制するほど甘くはないのがSUPER GT。それでも埼玉トヨペットGB GR Supra GTは2位でフロントローの一角を占める検討を見せます。さすがは昨年の最終戦など2回の優勝をしシリーズランキング2位となったチームです。

GAINER TANAX GT-R
GAINER TANAX GT-R

そして予選Q2でトップタイムをマークしたのは11号車 GAINER TANAX GT-R。

残り2分を残しての1分25秒275というタイムを叩き出しポールポジション獲得です。他のチームも最後までこのタイムを破ろうとあがきますが結局タイムアップでポールポジション確定となります。

GAINER TANAX GT-R
GAINER TANAX GT-R

11号車と平中克幸選手のポールポジションは2014年最終戦もてぎ以来で3回目。この時のマシンはGAINER DIXCEL SLSとなります。

GAINER TANAX GT-Rのドライバー
GAINER TANAX GT-Rドライバー平中克幸選手と安田裕信選手

Q2を担当しポールポジションを獲得した平中克幸選手は「シーズンオフでのタイヤテストの規制が厳しいながらもダンロップタイヤさんと様々に試してきた努力が実った成果」と予選を分析して語ります。

GAINER TANAX GT-R
GAINER TANAX GT-R

コロナ禍の影響で昨年は開催されることが無かったSUPER GTの岡山戦。2年ぶりの開催に各チームとも気合の入り方が強いのではないかという印象もあります。

決勝レースは11日13時30分から。GT300のスターティンググリッドの1、2列目は昨年チャンピオン争いをした上位4チームということもあって、スタートから激しい戦いが予想されます。

(写真:吉見幸夫 文:松永和浩

『スーパーGT』の最新記事
2020年8月のSUPER GT 鈴鹿戦
緊急事態宣言等の影響で第3戦鈴鹿が延期に!【SUPER GT 2021】
SYNTIUM LMcorsa GR Supra GT
最後の最後で大逆転! SYNTIUM LMcorsa GR Supra GTと河野駿佑選手が第2戦 富士でGT300初優勝【SUPER GT 2021】
Astemo NSX-GT
ペナルティにマシントラブル! 上位が次々と消える富士500kmのGT500で最後に笑ったのはAstemo NSX-GT【SUPER GT 2021】
SUBARU BRZ R&D SPORT
新生SUBARU BRZ R&D SPORTが0.15秒の僅差でGT300のポール獲得【SUPER GT 2021】
WedsSport ADVAN GR Supra
21歳がポール獲得! WedsSport ADVAN GR Supraが5年ぶりのポールポジション【SUPER GT 2021】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事