トヨタ・スバル共同開発のEV・SUV「X Prologue」、4月の上海モーターショーで初公開へ!

■スバルと共同開発された、「e-TNGA」プラットフォームを採用するBEV(Battery Electric Vehicle)

トヨタは先日、新型フルエレクトリック・クロスオーバーSUVと思われる「X Prologue」(エックス プロローグ)のティザーイメージを1点初公開しましたが、新たな画像とともに4月の上海モーターショーで初公開することを発表しました。

トヨタ 新型EV クロスオーバーSUV
トヨタ 新型EV クロスオーバーSUV ティザーイメージ

これまでトヨタは何年もの間、国産自動車メーカーとしてハイブリッド市場の最前線に立ってきましたが、今後はフルエレクトリックモデルの開発を加速していくようです。

今回初公開されるモデルは、スバルと共同開発された「e-TNGA」プラットフォームを採用するBEV(Battery Electric Vehicle)コンパクト・クロスオーバーSUVと思われます。

トヨタ 新型EV クロスオーバーSUV ティザーイメージ
トヨタ 新型EV クロスオーバーSUV ティザーイメージ

この新世代e-TNGAアーキテクチャは「さまざまな車種と用途に適合する幅広いバッテリーと電気モーターの容量」を備え、前輪駆動、後輪駆動、および全輪駆動にアジャスト。「多様性と柔軟性」を得るとともに、「運転する喜び、エキサイティングでスタイリッシュなエクステリア」を持つモデルを生むといいます。

先日公開されたティザーイメージからは、トヨタのロゴが付いた2層スタイルのボンネットを装備、フロントエンドの側面には、スリムなライトストリップにより結合されているように見える、C字型LEDデイタイムランニングライトと縦3眼ヘッドライトが確認できるほか、グリルは閉鎖されていることがわかります。

トヨタ 新型EV クロスオーバーSUV 特許画像_007
トヨタ 新型EV クロスオーバーSUV 特許画像

また、過去に、それと思われる特許画像も入手していたので再公開します。特許画像ではトヨタのロゴマークが確認できるほか、グリルレスのバンパー、シャープで鋭いヘッドライト、立体感のある凹んだボンネットフード、SUVらしいフェンダーモールが装備されています。

リアエンドでは、寝かされたCピラー、LEDストリップテールライト、ルーフスポイラーなどが見てとれ、上海モーターショーで公開される新型モデルは、これに近いデザインとなる可能性もありそうです。

4月に公開された後、日本国内のEV専用工場で製造、最初は欧州のみで発売となる見込みですが、遅れて日本で発売される可能性も高いとみています。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?