新しいV8パフォーマンスモデル登場か!?レクサス「F」カーボン製エンジンカバーを公開!

■5.0リットルV8搭載「IS 500」が有力

レクサスが「F」プレートの付いたカーボン製エンジンカバーらしき画像を初公開、新しいV型8気筒パフォーマンスモデルの発表を示唆しました。

レクサス IS F 新型
レクサス IS F 新型 予想CG

このティザーイメージが何を意味しているか断言はできませんが、「Fスポーツパフォーマンスモデルの新時代が来ている」というメッセージが添えられています。タイミング的には「IS F」新型を期待したいですが、Fの文字にブルーカラーはなく、「SPORT」の文字が確認できることからも、既存モデルに設定されるスポーツバージョン「Fスポーツ」の可能性が高そうです。

レクサス GS F エンジン
レクサス GS F エンジン

可能性としては、V8搭載「LC 500 Fスポーツ」や「LC 500 Fスポーツ」も考えられますが、先日商標登録が完了した「IS 500」が新設定されることが有力のようです。

予想されるIS 500のパワートレインは、5.0リットルV型8気筒エンジンが期待されますが、LS 500から3.5リットルV型6気筒ツインターボエンジンを流用する可能性もあると思われます。

発表時期は不明ですが、今後数週間から数ヵ月以内となることは間違いないでしょう。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?