デロリアン「DMC-12」後継モデルを開発中か?イタルデザインがティザーイメージを公開!

■生誕40周年「VISION BEYOND TIME」プロジェクトを発表

イタルデザインは、名車デロリアン「DMC-12」を彷彿させるティザーイメージを初公開、ガルウィングとDMCバッジを採用する新たなモデルが開発中であることを示唆しました。

DMC ティザーイメージ_001
DMCデロリアン 40周年 ティザーイメージ

デロリアン(DMC)社は、1975年に当時GM副社長ジョン・デロリアン氏が独立、理想のクルマを目指し設立しました。そして1981年、イタルデザインとロータス・カーズの協力により「DMC-12」が誕生しています。

その後、世界的大ヒットした映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」にタイムマシンのベースカーとして登場、その存在を世界に知らしめました。

DMC ティザーイメージ_002
DMCデロリアン 40周年 ティザーイメージ

DMC-12生誕40周年を記念して立ち上げられた「VISION BEYOND TIME」プロジェクトの名のもと、SNSに投稿されたティザーイメージには、ガルウィングが開いたクルマのシルエットとともに、1981年に最初に製造されたデロリアンDMC-12が工場から出荷する写真が投稿されています。

また「近未来を覗き見するより、自動車の歴史のアイコンを祝うための、よりよい方法は何ですか?」というキャプションが付け加えられています。

ティザーイメージに写るボディには、跳ね上がるガルウィングのほか「DMC」バッジを付けており、「DMC-12」後継モデルの誕生を予感させます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?