今度はマイルドハイブリッドだ!メルセデスAMG C43/53ワゴンを初スクープ

■V型エンジンと訣別、新たに2L直4エンジンを搭載

これまで、メルセデス・ベンツ Cクラス次期型のステーションワゴン、高性能AMG「C43/C53」セダンのプロトタイプを捉えてきましたが、今回初めてAMG「C43/C53」のワゴンモデルをキャッチ、次期型での設定が確定となりました。

メルセデスAMG C53_002
メルセデスAMG C53 ステーションワゴン 開発車両

捉えたプロトタイプは、デュアル5スポーク合金ホイール内に収容されている大型ブレーキローターセットを装備するほか、サイドシル、リアエンドにはディフューザーに接する円形クワッドエキゾーストパイプが見てとれます。ハイエンドモデル「C63」では正方形の排気口のため、このテスト車両がAMG「C43/C53」と判断できます。

メルセデスAMG C53_011
メルセデスAMG C53 ステーションワゴン 開発車両

フロントエンドにはAMGお得意のダミーグリルを装着、その奥にはパナメリカーナグリルを装備していることは間違いなく、よりアグレッシブなマスクとなることが予想されます。

市販型では「C43」と呼ばれるか「C53」になるか現段階では不明です。しかし、パワートレインはともにV型エンジンと決別し、新たに2.0リットル直列4気筒エンジンを搭載。9速オートマチック、全輪駆動システムと組み合わされることが予想されています。

また、より強力なパワーを得るために電気モーターを搭載、マイルドハイブリッド技術を採用することにより、最高出力は現行型C43の385psを超え、過去最高の416ps以上を発揮する可能性もありそうです。

メルセデス・ベンツでは、Cクラス次期型の発表が迫っており、AMGの気になるデビュー時期は2021年内後半が有力です。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
トヨタ アイゴ後継モデル_004
新型コンパクト開発中! トヨタ アイゴ後継モデルに「GA-B」プラットフォーム採用か?
メルセデス・ベンツ EQS_001
セクシーなリフトバックがついに露わに! メルセデス・ベンツEVセダン「EQS」最新プロトタイプをキャッチ
ヒュンダイ アイオニック5_007
ヒュンダイ次世代EV「アイオニック 5」の実車が走った! メタルシートを初公開

あなたにおすすめの記事

この記事もよく読まれています