DUNLOPとFALKENが共同バーチャルブースを出展、「Parallel TV」により魅力を気軽に体感【バーチャルオートサロン2021】

■「Parallel TV」も新たに開設し、開発車トークショーなどを用意

住友ゴム工業は、「東京オートサロン2021」の「バーチャルオートサロン」に、「DUNLOP(ダンロップ)」と「FALKEN(ファルケン)」の共同バーチャルブースを出展します。同時に、「Parallel TV(パラレル ティーヴィー)」を開設し、両ブランドの魅力をどこからでも気軽に体感することができます。

今回の「バーチャルオートサロン」の出展では「Parallel Experience」をコンセプトに、安全、安心を追求する「DUNLOP」と、世界のモータースポーツ界で目覚ましい活躍をみせる、躍動感ある「FALKEN」の2つのブランドが並行して表現されています。

住友ゴム工業 Parallel TV
住友ゴム工業が開設する「Parallel TV」

新たに開設される「Parallel TV」では、クルマ好きが興奮するブランド体験を目指し、DUNLOPが持つ安全、安心を支える技術がピックアップされる「TABLE TRIP ADVENTURE」や、FALKENブランドの躍動感ある世界観が紹介される「VIRTUAL TOUR」といったコンテンツをバーチャル空間で体感できるそう。

さらに、同社の開発者がここでしか明かさないタイヤのこだわりを語るトークショーなども配信されます。家庭用VRキットなどを使用すると、VR(バーチャル・リアリティ)で視聴できる動画もあります。

「TOKYO AUTO SALON 2021」バーチャルオートサロンのDUNLOP・FALKENバーチャルブースは、2021年1月15日(金)~11月30日(火)までの予定で、DUNLOPからはレーシングカーの「GAINER TANAX GT-R」、メルセデス・ベンツ「GLA 200 d 4MATIC」が登場。FALKENからはフォード「F150 SVT RAPTOR(FALKENカラーラッピング車)」が披露されます。

特設サイト「Parallel TV」も2021年1月15日(金)~11月30日(火)の予定。DUNLOPでは「ABLE TRIP ADVENTURE」、FALKENでは「VIRTUAL TOUR」が用意されます。

開発者トークショーには、カー&プロダクトデザイナー/SWdesign代表取締役の和田智氏、国内外レースリポーターの井澤エイミー氏、住友ゴム工業 第一技術部 岡田崇史氏が登場。さらに、国内外レースリポーター 井澤エイミー氏、住友ゴム工業 第一技術部 中島翔氏、国内外レースリポーター 井澤エイミー氏と住友ゴム工業 モータースポーツ部 中野敏幸氏のトークショーも予定されています。

(塚田勝弘)

【関連リンク】

東京オートサロン2021
https://www.tokyoautosalon.jp/2021/

Parallel TV
https://tyre.dunlop.co.jp/event/Autosalon2021

『東京オートサロン2021』の最新記事
ホンダアクセスTAS出品車
Honda eのドラッグレーサー!?N-ONEのヒルクライムマシン!?ハリボテじゃないホンダアクセス渾身のホントに走る2台!!【バーチャルオートサロン2021】
待望のネオバAD08R後継チラ見せに期待度MAX!  新作を先行披露、まさにYOKOHAMA夜明け前【東京オートサロン2021】
迫力のAdventureルックなのに中身はHYBRIDというRAV4のステルス仕様【東京オートサロン2021】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事