新型アウディA3、450馬力の「R」プロトタイプをキャッチ!

■アウディ自慢の2.5L直列5気筒エンジン、ドリフトモードを搭載

アウディは2020年3月に新型「A3」をデジタルワールドプレミアしましたが、そのハードコアハッチバックとなる「RS3 スポーツバック」の最新プロトタイプをカメラが捉えました。

アウディ RS3_004
アウディ RS3 スポーツバック 次期型プロトタイプ

豪雪のスウェーデン山中で捉えたプロトタイプはカモフラージュも軽く、引き締まったボンネットフードのキャラクターライン、薄いスリットのヘッドライト、ワイドなハニカムメッシュグリル、大型のコーナーエアインテークなど、迫力が増していることがわかります。

アウディ RS3_009
アウディ RS3 スポーツバック 次期型プロトタイプ

リアエンドでは、バンパーがカモフラージュされていますが、シャープなLEDテールライト、巨大なデュアルエキゾーストパイプが露出、攻撃的なリアデュフューザーも確認できるほか、フロントフェンダー後部にはスリットを追加、大きなサイドスカートなどが装着されています。

パワートレインは、アウディ自慢の2.5リットル直列5気筒エンジンを搭載、最高出力は420hp、最大トルク500Nmを発揮しますが、パフォーマンスバージョンでは450hpまで向上するといいます。

どちらもデュアルクラッチオートマチックトランスミッション、および4WDシステムのクワトロ、ドリフトモードなどを標準装備するとみられます。

RS3スポーツバックのデビューは、2020年内に期待されていましたが、新型コロナウイルスの影響で大幅に遅れが生じており、最新情報では2021年9月とも噂されています。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?