三菱アウトランダー次期型、市販型デザイン見えた! デビューは2月確定に

■新世代の三菱デザインを象徴する最初のモデル、デザイン戦略のフロントランナーに

三菱自動車は、現在クロスオーバーSUV『アウトランダー』次期型を開発していますが、そのデザインが分かるティザーイメージを初公開しました。

三菱 アウトランダー_001

その画像からは、存在感のある大型ダイナミックシールドや薄型ヘッドライトを装備、鮮明には見えませんが、フロントバンパーコーナーには巨大LEDセカンドライトユニットが設置されているとみられ、2019年3月のジュネーブモーターショーで初公開されたコンセプトカー『エンゲルベルクツアラー』の迫力あるマスクを継承したデザインが予想されます。

三菱 アウトランダー_003
三菱 アウトランダー 開発車両

パワートレインは、2.4リットル直列4気筒+モーターによるPHEVパワートレイン、1.5リットル直列4気筒ターボチャージャーガソリンエンジン、2.0リットル直列4気筒ガソリンエンジンなどがラインアップされそうです。

次期型に関して、三菱自動車・渡辺誠二デザイン本部長は、「弊社の象徴的SUVであり、次世代モデルを開発するにあたり豊富なSUVの伝統からインスピレーションを得て、大胆で自信に満ちたスタイリングを実現し、お客様をワクワクさせる堅実なスタンスを実現しました」と述べています。

また、「まったく新しいアウトランダーは、新世代の三菱デザインを象徴する最初のモデルであり、我々のデザイン戦略のフロントランナーです」と締めくくっています。

 

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?