アウディの新型EVクーペSUV、豪雪のスカンジナビアに出現!

■市販型ではシングル&デュアルモーターパワートレインを提供

新型モデル開発テストの聖地・スカンジナビアで、2020年のウィンターテストシーズンが開幕しました。

アウディ, Q4 e-tron_005
アウディ Q4 e-tron スポーツバック 開発車両

最初にキャッチしたのは、アウディが開発中の電動クロスオーバークーペSUV「Q4 e-tronスポーツバック」です。

VWの電動SUV「ID.4」でも使用されている「MEB」プラットフォームですが、密閉されたグリル、空力ホイール、ヘッドライトなど独自デザインが採用されることは間違いありません。

アウディ, Q4 e-tron_013
アウディ Q4 e-tron スポーツバック 開発車両

捉えたプロトタイプは、コンセプトモデルと異なるLEDデイタイムランニングライト、エアインテークを装備、市販型では25の異なるパターンから選択することができます。

リアエンドでは、テールライトのグラフィックが変更されているほか、ルーフスポイラーには第3のブレーキランプをインストール、安全性が高められていることがわかります。

アウディ, Q4 e-tron_012
アウディ Q4 e-tron スポーツバック 開発車両

キャビン内には、デジタルインストルメントクラスタを搭載、センターにある大型のインフォテイメントディスプレイは、VWの兄弟モデルのようにダッシュボードの上ではなく、ダッシュボードにインサートされています。さらにその下には、ギアセレクタ、プッシュ式スタートボタン、電子パーキングブレーキを確認することができます。

パワートレインの詳細は謎のままですが、シングルモーターとデュアルモーターのパワートレインが提供されそうです。

ベースはRWDと予想され、55kWhのバッテリーを搭載、リアのシングルモーターにより最高出力200psを発揮、航続は400km(250マイル)程度が予想されます。上位モデルではAWDクワトロを採用、デュアルモーターを搭載し、82kWhのバッテリーにより最高出力306psを発揮。航続距離は510km(317マイル)が期待できそうです。

Q4 e-tronのデビューは2020年内、スポーツバックは2021年で、共にドイツのツヴィッカウ工場でVW ID.4と一緒に生産予定となっています。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?