最低地上高を40mm高めた「Audi A1 citycarver limited edition」が250台限定で登場

■コントラストルーフやブラックアピアランスパッケージ、専用17インチアルミホイールを用意

現行アウディA1スポーツバックは、全長4040×全幅1740×全高1435mmのプレミアムコンパクトモデルです。

現在は、2019年に日本デビューを果たした2代目になっています。上質感を抱かせるエクステリアデザインは、ワイドで低い位置に配置されたシングルフレームグリルによる力強いデザインが特徴。

アウディA1
アウディA1の限定車「citycarver limited edition」

先代よりもホイールベースが95mmストレッチされたことで、後席を中心にキャビンが大きくなっています。さらに、アウディらしい高いボディ剛性感によるフットワークのよさ、「バーチャルコックピット」やタッチディスプレイ、スマートフォンインターフェイスなどの最新デジタル技術、上級モデル譲りの運転支援システムが用意されています。

2020年11月24日に250台限定で発売された「Audi A1 citycarver limited edition」は、街中はもちろん、アウトドアレジャーなど幅広いシーンに対応するとしています。

アウディA1
「Audi A1 citycarver limited edition」の走行イメージ

エクステリアは、アウディお馴染みのオクタゴン(八角形)のシングルフレームグリルをはじめ、オフロードルックのcitycarver専用デザインが採用されています。コントラストルーフやブラックアピアランスパッケージ、専用17インチアルミホイールにより力強さが強調された見た目だけでなく、さらに最低地上高も40mm高められています。

これにより、オフロードモデルのイメージが付加され、ロードクリアランスが高まったことで整備された林道や雪上などでも走りやすくなっています。一方のインテリアには、「S lineインテリアプラスパッケージ」や「ナビゲーションパッケージ」「コンビニエンスパッケージ」、センターアームレストをはじめ、運転支援システムである「アシスタンスパッケージ」などの人気オプションが標準装備されるなど、充実装備も魅力です。

搭載されるパワーユニットは、最高出力116ps・最大トルク200Nmを発揮する1.0Lの直噴ターボエンジン。組み合わされるトランスミッションは、乾式デュアルクラッチの7速「Sトロニックトランスミッション」で、高出力と優れた実用燃費を両立するとしています。

アウディA1
「Audi A1 citycarver limited edition」のインパネ

用意されるボディカラーは、「ミサノレッドパールエフェクト」「アローグレーパールエフェクト」「パイソンイエローメタリック」の3色で、計250台限定となっています。

「Audi A1 citycarver limited edition」の価格は、483万円です。アウディA1はFFのみですが、最低地上高のアップにより、シティユースからアウトドアまで使えるレアなプレミアムコンパクトモデルといえそうです。

(塚田勝弘)

『アウディ』の最新記事
アウディe-tron外観03
1000万円を切ったEVのe-tron50 クワトロを、東京・青山にオープンした次世代ブランドストアで発表【新車・アウディe-tron50クワトロ】
Audi e-tron
SUVタイプの新型「Audi e-tron」が発売開始。「Audi e-tron Sportback」とともにバッテリー容量71kWhのグレード「50」を設定
Audi House of Progress Tokyo
アウディの最新AR技術やコンセプトカーを間近でチェック! 次世代型ブランドストア「Audi House of Progress Tokyo」が東京・青山にオープン
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事