BMW 5ドア「4シリーズ グランクーペ」の生産型LEDが点灯

■電動「i4」と「CLAR」アーキテクチャを共有、Mでは最大500Hps以上を発揮

BMWは現在、4シリーズにクーペ、カブリオレと派生モデルを展開していますが、新たに設定されるラグジュアリーな5ドアバージョン、「4シリーズ グランクーペ」の最新プロトタイプをカメラが捉えました。

BMW 4シリーズ グランクーペ_005
BMW 4シリーズ グランクーペ 開発車両

グランクーペは電動モデル「i4」とプラットフォームを共有、ガソリン、ディーゼル、プラグインハイブリッド、フルエレクトリックに対応するよう設計されている「CLAR」アーキテクチャを採用し、同じ組み立てラインで製造される予定です。

BMW 4シリーズ グランクーペ_011
BMW 4シリーズ グランクーペ 開発車両

捉えた最新プロトタイプは、市販型LEDデイタイムランニングライトを点灯、ラキッシュ(軽快な)なフロントガラス、上向きにスイープするベルトライン、傾斜したルーフを確認できます。また他の4シリーズファミリーでは見られない、新しいフラッシュマウントドアハンドルをi4と共有します。

違いは、電動モデルであるi4が冷却を必要としないためフロントグリルが閉じているのに対し、グランクーペは「クーペ」や「コンバーチブル」と同じデザインとなります。

キャビン内では、5.1インチディスプレイの両側に標準の8.8インチタッチスクリーンインフォテイメントシステムとアナログゲージを搭載、また12.3インチのデジタルインストルメントクラスタとより大型の10.25インチ「ライブコックピット・プロフェッショナル」も選択可能となります。

パワートレインは、1.5リットル直列3気筒ターボエンジン、最高出力258psを発揮する新開発の2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジン、2.0リットル直列4気筒ディーゼルターボエンジン、最高出力388ps・最大トルク500Nmを発揮する3.0リットル直列6気筒ターボエンジンのほか、プラグインハイブリッドも予想され、直6モデルは0-100km/h加速が5秒以内と思われます。

さらには、3.0リットル直列6気筒ツインターボエンジンを搭載する「M4グランクーペ」の初設定が噂されており、登場すれば最高出力500ps以上・最大トルク598Nmのパフォーマンスが期待できそうです。また、さらなる強化モデル「コンペティション」も予想されます。

4シリーズ グランクーペの登場は最速で2020年内ですが、2021年初頭が有力といえそうです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
スバル BRZカブリオレ
新型BRZ、オープンモデル発売か!? これがエクステリアだ
ホンダ シビック_001
ホンダ シビック、新型には四輪駆動は設定なし!? 気になるタイプRの行方は…
ポルシェ マカン_005
ポルシェ マカンが3度目の大幅改良へ。ココが変わる!
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事