ファルケン「ZIEX ZE001 A/S」とダンロップ「GRANDTREK PT21」が日産・ローグのOEタイヤとして納入開始

■新型日産ローグの走りを支える高い操縦安定性、乗り心地の良さなどが特徴

以前お伝えしたように、日産がアメリカで発売した新型ローグ(日本名:エクストレイル)は、タフさに磨きがかけられたエクステリア、「new CMF-C/D」という新開発のプラットフォーム、パワフルな2.5L DOHC4気筒エンジンや新開発の「ビークルモーションコントロール(車両制御技術)」などが採用されています。

日産ローグ
全米で発売された新型日産ローグ(2021 Nissan Rogue)

日産が誇る運動性能の高さと高級感を兼ね備えたデザインが美点で、最新の「プロパイロット」も採用される最先端のSUVです。

ファルケン ジークス
ファルケンの「ZIEX ZE001 A/S」

このほど、住友ゴムグループの米国の販売会社であるスミトモラバーノースアメリカは、北米日産会社が販売を開始した新型ローグである「2021 Nissan Rogue」に、FALKEN(ファルケン)の「ZIEX ZE001 A/S(ジークス)」の納入を開始したと明らかにしました。

今回、装着される「ZIEX ZE001 A/S」は、ファルケンの最新技術とデザインが投入されています。

排水性の高いパターンデザインの採用により、優れた耐ハイドロプレーニング性能やウエット性能を向上。さらに、トレッド部の高いブロック剛性としっかりとしたセンターリブにより、優れた耐摩耗性能と操縦安定性能も実現しているそう。

さらに、住友ゴム工業のDUNLOP(ダンロップ)ブランドからも新型ローグのOEタイヤとして「GRANDTREK PT21(グラントレック)」の納入を開始したと発表しています。

ダンロップ グラントレック
ダンロップの「GRANDTREK PT21」

今回、装着される「GRANDTREK PT21」は、優れた運動性能と快適性能が特徴。さらに、環境にも配慮されていて、軽量化することで低燃費性能も実現したオンロードSUVタイヤです。新型日産ローグが求める高い走行性能、上質な乗り心地を支えると共に、静粛性や低燃費性能も高次元で実現させたとしています。

なお、「GRANDTREK PT21」の装着タイヤサイズは、235/65R17 104H、235/60R18 103H、235/55R19 101Vとなっています。

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。