プジョー308が7年ぶりのフルモデルチェンジ、「EMP2」プラットフォームを採用しゼロから新設計

■7年ぶりのフルモデルチェンジ「 EMP2」プラットフォームを採用、ゼロから新設計

プジョーが開発中のコンパクトハッチバック、「308」次期型プロトタイプをカメラが捉えました。初代308は、2007年に「307」後継モデルとして登場、現行型の第2世代は2013年から販売されており、7年ぶりのフルモデルチェンジとなります。

プジョー 308_004
プジョー 308 次期型プロトタイプ

次期型では「EMP2」プラットフォームを採用、ゼロから新設計され、居住空間が向上するはずです。

捉えたプロトタイプは、市販型コンポーネントとなるヘッドライト、ボディパネルを備え、大型のグリルが装着されています。またフロントバンパー下方まで伸びるLEDデイタイムランニングライトの一部が光を放っているのも確認できます。グリルの中央に取り付けられたフロントカメラは、半自動運転システムが計画されていることを示唆しています。

プジョー 308_009
プジョー 308 次期型プロトタイプ

布で覆われたコクピットにはデジタル・インストルメント・クラスタを備える「i-Cockpit」の最新バージョンが搭載されることは間違いないでしょう。またステアリングホイールに注目すると、通常のロゴではなく、パリモーターショー2018で公開された「e-Legend」コンセプトで初採用となった新世代のロゴらしきデザインが見てとれます。

プジョー 308_011
プジョー 308 次期型プロトタイプ

心臓部には、1.2リットル直列3気筒ガソリンターボエンジン、1.5リットル直列4気筒ディーゼルをラインアップしますが、最大の注目は「PSE」(プジョー・スポール・エンジニアード)によって手掛けられる全輪駆動ホットハッチの設定でしょう。

伝説の「308GTi by プジョースポール」後継モデルとなるこのモデルでは、1.6リットルガソリンエンジン+電気モーターを搭載するプラグインハイブリッドで、最高出力は300ps以上を発揮します。

308次期型のデビューは2021年内あるいは2022年前半と予想されています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
起亜 プロシード_014
ポルシェを模したLED DRLを装備? 起亜プロシード改良型、内外装をキャッチ
メルセデス AMG C63_003
これが最終デザインだ! メルセデス最強コンパクトワゴン、AMG「C63ステーションワゴン」次期型だ
フェラーリ V6_001
フェラーリ・V6ハイブリッドは6月24日デビューか!? 心臓部に「クアドリフォリオ」を採用との噂も
ポルシェ ビジョン ツーリスモ_007
これなら買える!? ポルシェ タイカンより廉価なEVサルーンを開発中との噂はホント!?
フォード モンデオ後継_001
「Evos」じゃなかった! 欧州向けフォード モンデオ後継モデルを秘密試験場で撮影

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事