VW ゴルフR ヴァリアント、これが新型モデルの0-100km/h加速4.6秒の加速!

■『オールトラック』風のカモフラージュにかなりの低偏平タイヤを装着

VWのハードコアモデル『ゴルフR』に設定される派生ワゴン「ゴルフR ヴァリアント」の新型プロトタイプを捉えました。

VW ゴルフR ヴァリアント_001
VW ゴルフR ヴァリアント 新型プロトタイプ

捉えたプロトタイプは、市街地のため超高速走行シーンはみられなかったものの、雨のワインディング・ロードを駆け抜け、トルクの強さを感じる加速をみせていたようです。

VW ゴルフR ヴァリアント_005
VW ゴルフR ヴァリアント 新型プロトタイ

ナンバーから、先日スクープしたものと同じプロトタイプと思われますが、やはりSUVモデルである「オールトラック」風のカモフラージュがほどこされています。

しかし、かなりの低偏平タイヤを装着、よりスポーティなバンパー、ブルーキャリパーを備える高性能ブレーキシステム、それによりバックアップされたクロスドリルをを備える軽量の合金ホイール、クワッドエキゾーストパイプなどが装備されていることがわかります。

またゴルフ7風のカモフラージュが施されたフロントマスクは、ハッチバックの「ゴルフR」次期型プロトタイプとは異なるハニカムメッシュのコーナーエアインテークが見てとれます。ただしこれが市販型へ反映されるかは不明です。

このほか最終市販型には、空力性能に特化したサイドスカート、大型リアスポイラー、アグレッシブなディフューザーなどが追加されるはずです。

VW ゴルフR ヴァリアント_003
VW ゴルフR ヴァリアント 新型プロトタイ

パワートレインは、2.0リットル直列4気筒ターボチャージャー付きガソリンエンジンを搭載し、最高出力は333psを発揮。「4モーション」AWDシステムとDSGが組み合わされ、0-100km/h加速は4.6秒、最高速度は270km/hのハイパフォーマンスが予想されます。

ゴルフR新型は2020年末までに発表される予定ですが、ゴルフRヴァリアントは開発初期段階とみられ、2021年後半ごろのデビューとなりそうです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
起亜 プロシード_014
ポルシェを模したLED DRLを装備? 起亜プロシード改良型、内外装をキャッチ
メルセデス AMG C63_003
これが最終デザインだ! メルセデス最強コンパクトワゴン、AMG「C63ステーションワゴン」次期型だ
フェラーリ V6_001
フェラーリ・V6ハイブリッドは6月24日デビューか!? 心臓部に「クアドリフォリオ」を採用との噂も
ポルシェ ビジョン ツーリスモ_007
これなら買える!? ポルシェ タイカンより廉価なEVサルーンを開発中との噂はホント!?
フォード モンデオ後継_001
「Evos」じゃなかった! 欧州向けフォード モンデオ後継モデルを秘密試験場で撮影

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事