これが新タッチスクリーン・ディスプレイだ!ランドローバー・ディスカバリー改良型の内部画像を入手

■「レンジローバースポーツ」で使用される4気筒「P400e」システム搭載か

ランドローバーのフルサイズ・クロスオーバーSUV、「ディスカバリー」改良型の最新プロトタイプをカメラが捉えるとともに、そのコックピットを初めて撮影に成功しました。

ディスカバリー_003
ランドローバー ディスカバリー 改良型プロトタイプ

2017年に登場した現行モデルにとってこれが初の改良型となりますが、内外とも刷新されることが濃厚です。激写したコックピットは新型「ディフェンダー」で採用されたものと同じステアリングホイールを装備しています。ただし、スポークなど小さな変更はされている模様です。

ディスカバリー_010
ランドローバー ディスカバリー 改良型プロトタイプ

センタースタックも刷新、非常に大型のタッチスクリーン・インフォテインメントシステムを備えています。ディスプレイの下には、新しいスイッチギアを持つエアコンパネルが確認できます。

センターコンソールはカモフラージュされていますが、いくつかの変更がなされているはずです。ステアリングホイールの奥は写されていませんが、デジタル・インストルメントクラスタが採用されていると思われます。

ベルトラインから下がカモフラージュされているエクステリアですが、フロントバンパーやエアインテークのデザインを刷新、LEDデイタイムランニングライトは「ディスカバリースポーツ」のようなデュアルストリップセットアップへと今後着手される可能性もありそうです。

ディスカバリー_007
ランドローバー ディスカバリー 改良型プロトタイプ

パワートレインは、3.0リットル直列6気筒ガソリンターボエンジン+48Vマイルドハイブリッドが新設定されるほか、「レンジローバースポーツ」で使用される4気筒「P400e」システム、あるいは「ディスカバリースポーツ」の「P300」システムなどを導入したPHEVモデルも有力とされています。

ディスカバリー改良型のデビューは、最速で2020年内ですが、プロトタイプの状態からも2021年以降の可能性が高いと予想されます。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
スバル BRZカブリオレ
新型BRZ、オープンモデル発売か!? これがエクステリアだ
ホンダ シビック_001
ホンダ シビック、新型には四輪駆動は設定なし!? 気になるタイプRの行方は…
ポルシェ マカン_005
ポルシェ マカンが3度目の大幅改良へ。ココが変わる!
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事