レクサスIS300&IS300hプロトタイプに清水和夫が速攻全開試乗! 熟成されたプラットフォームで勝負【SYE_X】

■清水和夫の高評価を得たのは2L+ターボのLS300か、2.5L+モーターのLS300hか?

●なんでもかんでもハイブリッドにすりゃいいってもんじゃない!?

2020年6月16日、「クルマを操る楽しさ」を追求し続けているコンパクトFRスポーツセダン、レクサスISがマイナーチェンジし世界公開されましたね。いよいよ今秋に日本でも発売の予定です。

レクサスIS試乗
まずはIS300とIS300hを試乗してみましょう。

2L・直4+ターボ、2.5L+ハイブリッド、そして3.5L・V6と3パターンのパワートレーンが用意されている新ISを待ち望んでいる皆さん、お待たせしました! 国際モータージャーナリスト・清水和夫さんがそのプロトタイプに速攻試乗、いち早く試乗インプレッションをお届けします。

清水和夫さん
今秋発売予定のレクサスIS。早速試してみましょうね。

まずは、2L・直4+ターボのIS300と、2.5L+ハイブリッドのIS300hを比較試乗してみましょう。

●世界的競争になっている2L・4気筒ターボエンジン

まずは、2L・直4直噴+ターボのレクサスIS300 Fスポーツから。元々レクサスの2LターボはNXから出てきたエンジン。最初はちょっと世界の2Lターボと比べてどうかな?と思ったけど、コレはそこそこ良くなっていますね。

IS300試乗
2L・直4ターボのIS300.世界では今、このクラスのエンジン競争が激しくなっています。

でも今、世界の2L・4気筒ターボは強烈な競争が始まっています。AMGやアウディ、ジャガー系にもいいエンジンがあります。

IS300に積まれる2L・4気筒ターボもパワー、トルク、レスポンス…全然申し分ないですね。そしてプラットフォームは新しいものではなく今までの改良版。ということで、むしろ熟成が進んでいるといっていいでしょう。相当しなやかでいいな。

今はSUV系が多いけど、セダンのローフォルム、ローアングルもいいよね。重心も低いし走りは凄くいい。

●ハイブリッドバージョンのIS300hはどうか?

ハイブリッド王国から出てきた2.5L直4エンジン+モーターの組み合わせです。

IS300h
IS300hは2.5L+ハイブリッド仕様です。

先に乗った2L・4気筒ターボと比べると、こちらはNAエンジン+モーターなので、アクセル踏んでエンジンに火が入るとウヨ~ン!って感じで、ターボとは全く乗り味が違う。燃費はコッチのほうが良いんでしょうね。

でもこのハイブリッドは燃費のためというよりは、サーキットを走ってもGの高いハイスピードでもドライビングを楽しめるようなパワートレーンになっていますね。

やっぱりレクサスなので燃費ばかりではなく、走りの楽しさとか快適性に合わせて制御がチューニングされているのかな?という気がします。

IS350とIS300h
IS350とIS300h。楽しくて快適なスポーティセダンの代表です。

・・・・・・・・

袖ケ浦フォレストレースウェイでIS300、IS300hを全開試乗する清水さんの詳しいインプレッション&清水語録は動画で!

そして、3.5L・V6を積むIS350試乗と、レクサス 製品企画主査・小林直樹氏とのIS対談はこの後すぐ公開!…の予定。

(試乗インプレッション:清水 和夫/動画:StartYourEnginesX/アシスト:永光 やすの)

■SPECIFICATIONS
車名:レクサスIS(北米仕様プロトタイプ)
全長:4710(+30)mm
全幅:1840(+30)mm
全高:1435(+5)mm
ホイールベース:2800(±0)mm
パワートレーン:直列4気筒2.0L直噴ターボ/直列4気筒2.5Lハイブリッドシステム/V型6気筒3.5L
タイヤサイズ:18/19インチ
※( )括弧内は従来型比

【関連リンク】

StartYourEnginesX
https://www.youtube.com/user/StartYourEnginesX

『LEXUS』の最新記事
レクサス LX J201_014
レクサス「LX J201コンセプト」世界初公開! 冒険への旅がはじまる
レクサスUX
レクサスUXが一部改良を実施。専用内装色が用意された特別仕様車・Urban Eleganceを設定【新車】
レクサスRC F
レクサスRCが一部改良。レクサス独自の乗り味を追求し、各部をブラッシュアップ
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事