GRヤリスをターゲットに! ヒュンダイのハードコアハッチ「i20N」市販型がニュルを疾走

■アグレッシブなディフューザー、アウディ「RS」モデルを彷彿させる大型の楕円形テールパイプなど装着

韓国・ヒュンダイが販売するサブコンパクトハッチバック「i20」に初めて設定されるハードコアモデル、「i20 N」市販型プロトタイプがニュルで高速テストを再び開始しました。

ヒュンダイ i20N_003
ヒュンダイ i20N 市販型プロトタイプ

以前と比べ、大幅にカモフラージュが削ぎ落とされたプロトタイプは、ベースモデルと異なる六角形グリルが初めて露出。サイドビューでは、ローダウンされたボディ、深いサイドスカート、赤いブレーキキャリパーを装着していることが確認できます。

ヒュンダイ i20N_007
ヒュンダイ i20N 市販型プロトタイプ

リアエンドでは、アグレッシブなディフューザーを備えるバンパー、アウディ「RS」モデルを彷彿させる大型の楕円形テールパイプ、スポーティなリアウィング、ベースモデルと同じシグニチャーを持つLEDテールライトが装備されています。

Nモデルの室内は撮影されていませんが、スポーツシート、スポーツステアリングホイール、カーボンファイバートリムなども期待できるはずです。

ヒュンダイ i20N_005
ヒュンダイ i20N 市販型プロトタイプ

パワートレインは、1.6リットル直列4気筒ターボチャージャーガソリンエンジンを搭載。6速MTと組み合わされ、フロントホイールに200ps以上のパワーを提供してくれるほか、リミッド・スリップディファレンシャルもパッケージに含まれる可能性がありそうです。

i20 Nのワールドプレミアは、2020年内、あるいは2021年初頭と予想されており、市場ではトヨタGR「ヤリス」を始めVW「ポロGTI」などと争うことになるでしょう。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
BMW X4M_006
これが新LEDだ! BMW X4M改良型、フロントマスクを刷新
メルセデス AMG C53_003
メルセデスAMG C43後継モデル「C53」、プロトタイプが市販型LED装着
アウディ Q4 e-tron_005
アウディ「Q4 e-tron」市販型プロトタイプをスウェーデン市街地でキャッチ!
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事