専用の内・外装やサスペンションを備えた新グレード「Fiat 500X Sport」が登場

■スポーツフロントバンパーや19インチのスポーティなアルミホイールを装備

クロスオーバーモデルの「Fiat 500X(フィアット・チンクエチェント・エックス)」に新グレード「500X Sport」が加わり、2020年8月22日から発売されます。

フィアット 500X
フィアット500X Sportのフロントビュー

500Xは、2015年10月にフィアット初のコンパクトクロスオーバーSUVとして日本導入されて以来、歴代500シリーズの流れを汲む親しみのあるデザインや大人がゆったりくつろげる居住性、充実した安全装備などにより、アウトドア派のユーザーやファミリー層などの幅広い層から支持を集めてきました。

ジープ・レネゲードとのプラットフォーム共有を感じさせない内・外装のデザインが特徴です。荷室容量は通常時350Lで、後席背もたれを前倒しすると最大時は1000Lまで拡大します。

フィアット 500X
新グレード500X Sportのリヤビュー

比較的コンパクトでありながら、高い実用性を備える同SUVに加わった「500X Sport」は、スポーティな内外装や専用サスペンションが採用されています。足まわりには、独自の味付けが施されたスプリングとショックアブソーバーからなる専用サスペンションを装備。ステアリングにも専用チューニングが施され、回頭性が高められたそうです。

フィアット 500X
随所にダークグレーのアクセントカラーが配されている

エクステリアは、大開口のロアインテークを持つスポーツフロントバンパーをはじめ、ボディ同色サイドスカート、スポーツリヤバンパーといった専用エクステリアにより安定感あるフォルムが構築されています。

随所にダークグレーのアクセントカラーが配置され、19インチの10スポークタイプのアルミホイールやボディ同色ホイールアーチモールディングにより、低重心感を強調。

■レザーを中心とした上質なインテリアも見どころ

一方のインテリアには、レースモデルのテイストが採り入れられたアルカンターラ/レザー仕立てのステアリングホイールをはじめ、メーターフードにもアルカンターラを採用され、上質かつスポーティなムードが漂います。

フィアット 500X
500X Sportのコクピット

色はブラックを基調に、随所にダークな色調のアクセントカラーをコーディネイト。シートには高級感のあるブラックレザーが用意され、シート高を「500X Cross」に比べて13mm低く設定することでスポーティなドライビングポジションになるとのこと。

フィアット 500X
500X Sportのインテリア

ボディカラーは「500X Sport」専用色のセダクションレッドをはじめ、イタリアブルー、ジェラートホワイト、ファッショングレーの4色が設定されます。なお、既存の「500X」ならびに「500X Cross」も従来どおり設定されます。

フィアット 500X
写真のボディカラーは、イタリアブルー

「500X Sport」のボディサイズは、全長4295×全幅1795×全高1610mm。搭載されるエンジンは直列4気筒ターボの1331ccで、最高出力151ps/5500rpm・最大トルク270Nm /1850rpm。燃料はプレミアムガソリンを指定します。「500X Sport」の価格は344万円です。

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。