「Honda e」は後輪駆動による小気味よい走りで新時代のシティコミューターを目指す

■航続距離は200km、サイドカメラミラーシステム、駐車支援システムなどを搭載

2019年の東京モーターショーで日本初公開されたホンダのピュアEV「Honda e」のティザーサイトが、2020年7月31日に公開されました。

「Honda e」は、同社が提案するシティコミューターとして、電動化時代になじむシンプルかつモダンなデザインが特徴です。力強くクリーンな走りや、取り回しの良さをモーターと後輪駆動で実現する新型のバッテリーEV。

ホンダe
2020年度レッド・ドット・デザイン賞 ダブル受賞したHonda e

シンプルでありながらも先進的な装備が配されていて、2画面の大型タッチパネルモニター「ワイドスクリーン Honda コネクトディスプレー」や、ドアミラーに代わる「サイドカメラミラーシステム」などが用意されています。

ホンダ e
「ワイドスクリーン Honda コネクトディスプレー」

さらに、AIによる音声認識と情報提供を行う「Honda パーソナル アシスタント」を含む最新のコネクテッド技術なども備えられていて、未来を具現化したEVとしてユーザーの移動と暮らしをシームレスにつなげることを目指したとしています。

ホンダ e
ドアミラーに代わる「サイドカメラミラーシステム」

下記のティザーサイトでは「ワイドビジョンインストルメントパネル」「コネクティビティー」「サイドカメラミラーシステム」「充電/給電ポート」「インテリアデザイン」「17インチアルミホイール」など、Honda eの一部装備が公開されています。

ホンダe
充電/給電ポート

1充電あたり200km以上の航続距離を実現し、30分で80%まで急速充電が可能なHONDA e。後輪駆動によるクイックな走りにも期待大で、新たなEVシティコミューターとしてヒットするか大注目です。

(塚田勝弘)

【関連リンク】

Honda eティザーサイト
https://www.honda.co.jp/honda-e/new/

『ホンダ』の最新記事
HONDA e
3Lクラスのパワーを積んだ「ホンダe」。航続距離はシティコミューターとして必要十分な283km
HONDA eの超未来感あふれる5スクリーンのインパネ、クラウドAIによる音声操作もまるで未来のクルマ
ホンダ e
「HONDA e」のホンダらしさとは?「便利さよりもセンス」で産まれた新世代のシティコミューター
ホンダ60年代の伝説的F1マシンと2輪レーサーが現行Rと共演
ホンダ伝説的F1「RA300」、2輪レーサー「RC166」から最新シビック タイプRが協演【オートモビルカウンシル2020】
延期されていたホンダ・シビック・タイプRの発売が2020年10月予定に【新車】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事