6.4L V型8気筒エンジンを積む新型「ラングラー・ルビコン392コンセプト」が米国で発表

■450PS/610Nmのハイパワーで0-100km/hは5秒を切るモンスター

ジープの中でも高い悪路走破性など、タフな走り、エクステリアで人気のラングラー。FCAは、アメリカで6.4LのV型8気筒エンジンを積んだ「ラングラー・ルビコン392コンセプト」を発表しました。6.4L V型8気筒エンジンを積む「ラングラー・ルビコン392コンセプト」は、最高出力450PS、最大トルク610Nmを誇り、0-60mph(約0-100km/h)のタイムは5秒以下を達成するそう。

ラングラー・ルビコン392コンセプト
ラングラー・ルビコン392コンセプトのエクステリア

同モデルには、Dana(ダナ) 44 アクスルをはじめ、フルタイム2速トランスファーケース、電動フロント&リヤアクスルロッカー、37インチマッドテレーンタイヤ、MOPAR(モパー)のジープパフォーマンスパーツ2インチリフトキットを用意。さらに、サスペンションの強化、強化された8速AT、大排気量のV8パワーユニットを組み合わせることで、ジープラングラーの中でこれまで以上のオフロード性能を備えた、究極の「ファン・トゥ・ドライブ・ジープ車」を謳っています。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事