新型メルセデス・ベンツGLBはトヨタRAV4よりも少し長いボディに3列シートで日本上陸!【新車】

■新型GLAよりも235mmの延長で3列シート化を成立

2020年6月25日、メルセデス・ベンツGLAと同時発表されたGLBは、日本で一番の品揃えを誇る、SUV王国に加わるブランニューモデル。AクラスやGLAと同じ「MFA-Ⅱ」モジュラープラットフォームが使われていています。

メルセデス・ベンツ GLB
新型GLBのエクステリア

Aクラスに対してBクラスは、居住性や積載性が高められているパッケージングに特徴があり、GLAとGLBも同じ関係と考えていいでしょう。ただし、新型GLBの日本向けは3列7人乗り仕様のみで、2列5人乗りは設定されていません。

メルセデス・ベンツ GLA GLB
2020年6月25日に同時発表されたメルセデス・ベンツの新型GLAと新型GLB。中央はメルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長

新型GLBのボディサイズは、全長4650×全幅1845×全高1700mm、ホイールベースは2830mm。新型GLAは、全長4415×全幅1835×全高1620mmですから、GLAよりも235mmも長く、10mmワイドで、80mm背が高くなっています。日本製SUVと比べると、トヨタRAV4が全長4600×全幅1855×全高1685mmですから、日本ではミドルサイズといえる堂々たる車格を備えています。

メルセデス・ベンツ GLB
新型GLAよりもスクエアなリヤビューが印象的

エクステリアからは、新型GLAと似たフロントマスクが目を惹く一方で、ルーフラインやキャビン、リヤまわりのフォルムなどからは3列シート化への配慮(影響)も感じられます。フロントとリヤエンドを垂直気味にすることで、SUVらしい力強さと居住性、積載性の両立を図る狙いがあるのではないでしょうか。さらに、フロントからリヤにかけてボディ下部を守るプロテクターを配することで、SUVらしい機能美が表現されています。

『メルセデス・ベンツ』の最新記事
メルセデス AMG GLB 35 4MATIC
人気SUVのメルセデス・ベンツ GLCに、プラグインハイブリッドの「GLC 350 e 4MATIC」が追加【新車】
メルセデス・ベンツ Vクラス マルコポーロ
簡易キャンパー仕様のメルセデス・ベンツ「V 220 d Marco Polo HORIZON」が「MBUX」に対応
E300クーペスポーツ フロントスタイル
プレミアム感にあふれるEクラス カブリオレ&クーペ【メルセデス・ベンツE300クーペスポーツ&カブリオレスポーツ試乗】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事