日産が最大4か月支払いを先延ばしできる「乗ってからペイメント」を開始

日産 新型ローグ

■コロナ禍により、今すぐの支払いを先延ばしできる新プラン

誤解を恐れずにいうと、自動車メーカーの顧客は我々エンドユーザーではなく、販売会社(販社)である場合があります。もちろん、メーカー直営や子会社というケースもあります。

販売形式はどうであれ、メーカーも販売会社も利益を確定する必要があります。

日産自動車 乗ってからペイメント
日産自動車の「乗ってからペイメント」の支払いイメージ

しかし新型コロナウィルスにより、購入でもローン(残価設定ローン)でも、あるいは他社が顧客になるリースでも「新車が動かない」ことには話になりません。

そんな中、日産自動車は、日産車を購入する顧客が支払い開始を最大4か月先延ばしできる金融商品である「乗ってからペイメント」の運用を開始したとアナウンスしました。

■新型コロナウィルスでクルマ移動のニーズは高い

新型コロナウイルス感染症の影響により自家用車への潜在ニーズは高いと思われますが、日産もプライベートな移動空間としてクルマを利用する方が増えていると分析。なお、国内旅行でもクルマでの移動ニーズは高いという調査結果も出ているようです。

日産 新型ローグ
間もなく発表される日産のコンパクトSUVである新型ローグ(写真は海外仕様)

こうした、新車購入を検討したいというニーズに対して、不透明な経済状況を理由に購入を見合わせる人もいるそう。今冬のボーナス支給額が大きく減るのでは? という一部報道もあります。

今回、導入が開始された「乗ってからペイメント」は、日産フィナンシャルサービスがクルマの購入をサポートするための金融商品「ニッサン オートクレジット」の一種。

日産フィナンシャルサービスが提供する「ニッサン オートクレジット」は、予算や計画に合わせて、「均等払い」「ボーナス併用払い」「Jプラン」「フリープラン」の4プランから選択することができます。

「乗ってからペイメント」は、ライフプランに合わせて支払額および支払い期間を自由に設定できるフリータイプのプログラムになります。

「乗ってからペイメント」を利用すると、支払い開始を最大4か月先延ばししながらも、契約直後からクルマを利用することができます。最初の4か月間は、支払いが発生せず、購入5か月目より支払いが始まります。クルマは必要だけれど、もう少しだけ支払いを先延ばしにできれば、という方に最適なクルマ購入プランといえます。

(塚田勝弘)

『日産自動車』の最新記事
日産自動車 第37回 日産 童話と絵本のグランプリ
日産自動車が1984年から協賛する「第37回 日産 童話と絵本のグランプリ」の創作童話と絵本の募集を開始
日産 アリア市販型
新時代・日産の顔へ。日産 アリア、7月15日デビューが決定
7月にデビューする日産の新型EV「アリア」はGT-Rも真っ青のハイパワーマシン!?
日産 アリア_001
日産「アリア コンセプト」の市販型は7月デビュー。Vモーションが光る
新型ローグ
新型エクストレイルは運転支援システムが大幅進化。シフトレバーのデザインも刷新!
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事