ボルボXC90の限定車のシートは、リサイクルポリエステル素材にウールをブレンド【新車】

■「サステナブル・スウェディッシュ・ラグジュアリー」を表現したファブリックシート

ボルボXC60、XC90の両SUVに、48Vマイルドハイブリッドの「B5」仕様が追加されています。最上級SUVとなるXC90は、日本市場で2018年は1018台、2019年は990台を販売したそうです。

ボルボ XC90
ボルボXC90にディーラー特別限定車「XC90 B5 AWD Tailored Wool Edition」を設定

2020年6月16日、そのXC90の48Vハイブリッドモデルに、特別限定車の「XC90 B5 AWD Tailored Wool Edition(テイラードウール・エディション)」が15台限定設定され、同日から発売されています。

ボルボ XC90
ボルボXC90の運転イメージ

全長4950×全幅1930×全高1775mmという堂々たるサイズのXC90。特別仕様車のベースは、ボルボ初の新開発48Vマイルドハイブリッド「B5」が搭載された「XC90 B5 AWD Momentum」。

「B5」パワートレーンは、ISGM(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター・モジュール)による回生ブレーキで発電された電力を48Vリチウムイオンバッテリーに溜め、エンジンの始動や動力補助を担う、マイルドハイブリッドシステムを搭載するものです。

●環境負荷を抑えた最上級ファブリックシート

さらにスターターモーターに代わってISGMを使ってエンジン始動をすることで、再始動時のノイズや振動も抑えられ、静粛性が高まっています。

自社製エンジンである「Drive-E」が第3世代に移行し、エンジンにも手が入れられていて、気筒休止機構による省燃費性能やスムーズな走りが魅力となっています。

ボルボ XC90
ウールがブレンドされた「テイラードウールブレンド・スポーツシート」

15台という貴重な限定車である「XC90 B5 AWD Tailored Wool Edition」は、ウールがブレンドされた「テイラードウールブレンド・スポーツシート」が最大の見どころ。

さらに、スカンジナビアンデザインのスタイリッシュなインテリアに、専用シートとブラックアッシュのウッドパネルが映えています。

ボルボ XC90
ボルボお馴染みのタグがシートに配されている

新採用の「テイラードウールブレンド・シート」は、ウール30%とリサイクルポリエステル素材70%からなる、上質なテキスタイル布地が使われた最上級のファブリックシート。

ボルボは、環境負荷を最小限に抑えることを目標の1つとしていて、2040年までに気候のバランスを崩さないクライメートニュートラルな製造業となることを目指しているそうです。

ボルボ XC90
ブラックアッシュのウッドパネルを用意

このリサイクル素材を含む、新たなシート素材の開発と持続可能な責任ある製造方法を採用することで、ボルボの新しい価値観である「サステナブル・スウェディッシュ・ラグジュアリー」を表現したとしています。

ボルボ XC90
20インチアルミホイールを特別装備

ほかにも、5マルチスポーク・ダイヤモンドカット/マットグラファイトの専用20インチアルミホイール(フェンダーエクステンション・ワイドタイプ)、チルトアップ機構付電動パノラマ・ガラスサンルーフなどの人気オプションも用意されています。

クライメート・パッケージ(リヤドアウインドウ・サンブラインド、ステアリングホイールヒーター、リヤ2列目シートヒーター)、harman/kardonプレミアムサウンド・オーディオシステムなども装備。

ボディカラーは、「サヴィルグレーメタリック(5台)」「バーチライトメタリック(10台)」の2色展開です。
ディーラー特別限定車になる「XC90 B5 AWD Tailored Wool Edition」の価格は、896万円です。

(塚田勝弘)

『ボルボ』の最新記事
Volvo_Cars_Electric_Motor
電動化を進めるボルボ。87.5億円を投資して電気モーターの自社生産を始めると発表した理由とは?
ボルボV60
オプション込み1000万円級でも完売したボルボ「V60 T8 Polestar Engineered」の内・外装をチェック
清水和夫さん試乗
ボルボV60&XC60 T8 Polestar Engineeredの特別仕様度を清水和夫が試してみた!【SYE_X】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事