完熟極まったアウディ・A3スポーツバック/セダンに、充実装備の「Signature Edition」を設定【新車】

■LEDライトパッケージ、コンビニエンスパッケージを標準装備

日本での発売時期は明らかにされていませんが、ドイツ本国では2020年3月に新型アウディA3スポーツバックが発表されています。そんな中、現行A3スポーツバック/A3セダンに特別仕様車の「アウディ A3 Signature Edition」が設定されました。

新型アウディA3 スポーツバック
2020年3月に発表された新型アウディA3スポーツバック

現行型である第3世代モデルのアウディA3は、2013年にA3スポーツバックが、2014年にはA3セダンが日本に導入され、日本でも扱いやすいサイズをはじめアウディらしいスポーティかつエレガントなスタイル、高品質なインテリア、卓越した走行性能で高い評価を得てきました。

今回の特別仕様車では、従来はオプションだったLEDライトパッケージ、コンビニエンスパッケージ(デラックスオートマチックエアコンディショナー、アドバンストキー、アウディパーキングシステム、リヤビューカメラ)およびアクセサリーのドアエントリーライト(フォーリングス)が標準装備されています。

アウディ A3
ハッチバックの「アウディ A3 Signature Edition」

また、新規オプションとしてテクノロジーパッケージを用意。こちらは、フロント電動調整機能、マトリクスLEDヘッドライト、フロントダイナミックターンインディケーターをはじめ、アウディA3では新規導入となるワイヤレスチャージング、Audi Sport製18インチアルミホイールからなります。さらに、オプションのナビゲーションplusパッケージ、S lineパッケージ、ラグジュアリーパッケージの各内容が見直され、より買い得感のある設定になっています。

価格は、1.4Lターボエンジンを積む「30 TFSI Signature Edition」のスポーツバックが3,300,000円、セダンが3,490,000円。「30 TFSI sport Signature Edition 」 のスポーツバックが3,630,000円、セダンが3,820,000円。2.0Lターボエンジンを搭載する「40 TFSI quattro Signature Edition 」のスポーツバックが4,410,000円、セダンが4,590,000円。「40 TFSI quattro sport Signature Edition 」のスポーツバックが4,670,000円、セダンが4,860,000円です。

(塚田勝弘)

『アウディ』の最新記事
アウディA1
最低地上高を40mm高めた「Audi A1 citycarver limited edition」が250台限定で登場
Q3・アイキャッチ
大らかさとスポーティの作り分け。新型「Q3」と「Q3 Sportback」の周到なデザイン戦略とは?
アウディ イートロン スポーツバック
アウディe-tron Sportbackは、EVらしくアクセル操作に即座に反応する豪快な加速フィールと高い静粛性が自慢
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事