日産ルークス、三菱eKクロス スペース・eKスペースにDUNLOP「エナセーブ EC300+」を納入

■省燃費性能に加えて、静粛性と操縦安定性を両立

住友ゴムは、日産が発売した新型「日産ル-クス」に、DUNLOP(ダンロップ)の「エナセーブ EC300+」の納入を開始したと発表しました。また、兄弟車である新型「三菱eKクロス スペース」「eKスペース」にも同タイヤが装着されています。

ダンロップ エナセーブ
ダンロップの「エナセーブ EC300+」が、日産ルークス、三菱eK クロススペース/eKスペースの新車装着タイヤに

なお、日産ルークス、三菱eKクロス スペース/eKスペースには、ブリヂストンも「ECOPIA(エコピア)EP150」を納入しています。

新型の日産ルークス、新型の三菱eKクロス スペースおよびeKスペースは、優れた走行性能やクラストップレベルの室内の広さなどを実現し、全方位の先進安全技術も搭載された軽ス-パ-ハイトワゴン。ファーストカーとして使える広い室内や良好な乗降性、ミリ波レーダーが追加された先進安全装備などにより、ライバルを追撃する意欲作です。

日産 ルークス
日産ルークスの外観

今回、納入される「エナセーブ EC300+」は、日産ル-クス、三菱eKクロス スペース/eKスペースの求める環境性能を実現するため、DUNLOP「エナセーブ」シリーズの開発で培われた低燃費タイヤ技術を投入。

三菱 eKクロス スペース
三菱 eKクロス スペース

タイヤの転がり抵抗低減による燃費性能の向上はもちろん、静粛性能と操縦安定性を高次元でバランスさせたとしています。なお、タイヤサイズは、両モデル共に155/65R14 75S、165/55R15 75Vとなっています。

(塚田勝弘)