ホンダからCT125・ハンターカブ登場! 一台で通勤・通学から週末のツーリング・オフまでこなせる、アクティブな125

スーパーカブといえば誰もが一度は見たことがあるであろう働くバイク。そんなスーパーカブは今や働くバイクだけでなく125となっておしゃれになったモデルもあるんです。

今回はホンダから発表されたCT125・ハンターカブの実車の様子をレポートしていきます!

こちらが新型CT125・ハンターカブ。すでに登場しているC125をベースに各部ハンターカブならではの仕様に変更されています。

知っている方もいるかもしれませんが、ハンターカブは以前CT110として長年愛され続けたモデルだったんです。

日常の足としてはもちろん、時には腰まで水に浸かりながらも走るという脅威のオフロード性能から日本ではもちろん、輸出先のオーストラリアなどでも人気のモデルのカブでした。

今回のCT125は以前のCT110のスタイルにそっくり! ハンターカブの少しレトロなイイところだけ残し、ヘッドライトやランプ類などは現代ならではのLEDを採用しています。

ブロックパターンのタイヤを装着し、フロントのみABS付き。CT110はドラムブレーキでしたが、今回のCT125は前後ともディスクブレーキとなっています。

幅広のアップハンドルもハンターカブならではのポイント。パーツ単体で見ると古臭くも見えるほどのアップハンドルですが、カブだと可愛く見えてしまうのはなぜでしょう…。

カラーはグローイングレッドマットフレスコブラウン全2色! ハンターカブならではのレッドもいいですが、ブラウンのアウトドアなテイストもカッコいい!

純正でリアキャリア付きなので、アウトドア・アドベンチャーライフが捗りそうです。

オフロードも走れてしまうハンターカブですが、装備も伊達じゃありません。

まずオフロードを走るために必要な車高を確保するため、マフラーはサイドアップ仕様。ほぼ全てカバーで覆われていますが、このカバーの感じがまたカッコ可愛い!

水に浸かっても走れるよう、エアクリーナーの吸気ダクトはリアのキャリアあたりまで上に設置されているため、ココとマフラー出口が水で塞がらなければ走れちゃうというガチ仕様。

これはどちらもCT110から受け継がれている部分ですが、新型もかなり本気でオフを走れるスペックになっているようです!

発売日は2020年6月26日となっています。

メインバイクとしてはもちろん、遊び用バイクとしても人気の125クラスですが、CT125はその中でも結構本気で遊べるバイク。スクーターじゃどう頑張ってもCT125と同じバイクライフは楽しめないでしょう。

とにかく機動力が高いバイクなので普段の足、兼週末の冒険までCTの1台でこなせてしまうので、色々できる125が欲しいという方必見です!

●バーチャルモーターサイクルショー開催中

新型コロナウイルスの影響で今年のモーターサイクルショーは中止になってしまいましたが、なんとホンダはバーチャルでモーターサイクルショーを開催!今回のハンターカブも見ることができます。

是非バーチャルでホンダブースを見に行ってみてください!

(ライター:佐藤 快/Moto Be 20代にバイクのライフスタイルを提案するWEBマガジン

【関連記事】


【ツーリング】バイクで行って欲しい!今までツーリングに行ってMotoBeが感動したスポット5選


【二輪男子必見】イマドキ女子にバイクはどう見える?彼氏に乗ってて欲しいバイクはどっち?!vol.1


【無料ナビアプリ】Yahooカーナビ、グーグルマップ、バイクに向いてるのはどっち?5年使ってみたレポート


【豆知識】これ知っておくと今後のバイクライフが変わる?バイクのタイヤって実は大きく分けて二種類あるらしい!

『MotoBe』の最新記事
デリバリー勢必見! 電動バイク「grafit」が無料貸し出し中。デリバリー新規参入店も利用可能
抜けたリアサスはバイクもライダーもダメにする! 社外ハイスペックサスへ交換【5万円SR】
【5万円SR】弄る楽しさ全開! SRにKOSOキャブを付けていよいよ完成目前
ながら運転対策にも有効! 次世代バイクナビ「BeeLine Moto」に新色・保護フィルムなどが追加
セキュリティグッズを組み合わせて盗難からバイクを守ろう! 外出自粛中のバイク盗難対策
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事