さよならフェラーリ! マセラティ・レヴァンテ「トロフェオ」改良型は自社製V8を搭載

■3.8リットルV8から4.0リットルV8 AWD搭載へ

マセラティ初のクロスオーバーSUV「レヴァンテ」のハードコアモデル、「レヴァンテ トロフェオ」の改良型プロトタイプを、カメラが初めて捉えました。

マセラティ レヴァンテ_004
マセラティ レヴァンテ 改良新型 プロトタイプ

レヴァンテは、2011年のフランクフルトモーターショーで初公開されたSUVコンセプト「Kubang」(クーバン)を起源としています。その後2016年3月のジュネモーターショーにて「レヴァンテ」として初公開されており、今回は初のフェイスリフトとなります。

マセラティ レヴァンテ_008
マセラティ レヴァンテ 改良新型 プロトタイプ

厳冬のスカンジナビアで捉えたプロトタイプはフルヌードです。しかし、まだエクステリアの更新は着手されていない様子で、今後フロント&リアバンパー、ヘッドライトとテールライト、及びグリルの再設計がなされると思われます。

改良新型のハイライトはその心臓部となりそうです。現在トロフェオは、フェラーリ製3.8リットルV型8気筒エンジンを搭載していますが、ついに自社製エンジンに切り替えられます。フェラーリは2019年に2021年以降マセラティへのエンジン供給を終了すると発表しており、レヴァンテは自社製パワートレインの第一弾となりそうです。

マセラティ レヴァンテ_005
マセラティ レヴァンテ 改良新型 プロトタイプ

代わって新たに搭載されるのが、よりパワフルな4.0リットルV型8気筒エンジンで、最高出力は590psを発揮します。プロトタイプのフロントガラスには「MY21 4.0 V8 AWD 590HP」のステッカーが貼られており、新エンジンの搭載を物語っています。

接近して撮影したキャビン内は、黒い布で覆われデザインが刷新される可能性高いです。おそらくアップグレードされたデジタルインストルメントクラスタやインフォテイメントシステムを搭載するはずです。

レヴァンテ/S/GTS/トロフェオの改良新型は最速でも2021年後半となりそうです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
メルセデスベンツ CLS_003
メルセデス・ベンツ「CLC」が4ドアで復活!? 謎のプロトをニュルで目撃
クプラ フォーメンターVZ_003
中身はアウディRSQ3。クプラの強力クーペSUV「フォーメンターVZ」のプロトタイプをキャッチ
マクラーレン 新型モデル ティザーイメージ
マクラーレン次世代V6ハイブリッドカー、市販型は「アルトゥーラ」に確定。2021年前半デビューへ
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事