ロングテールの最新モデル! 765PS / 800Nmを誇るマクラーレン765LTがデビュー!!【新車】

■0-100km/h加速は、約2.8秒をクリア

2020年3月3日、マクラーレン・オートモーティブは、「McLaren 765LT」を発表しました。なお、ジュネーブモーターショーの中止に伴い、ライブストリーミング配信という形で披露されています。ボディコンポーネントにカーボン・ファイバーを使ったMcLaren 765LTは、「ロングテール」シリーズの最新モデルで、「720S Coupe」よりも80kg軽量化され、乾燥重量は1229kgに収まっているそう。

マクラーレン
マクラーレン「765LT」がデビュー

公道走行に適合するMcLaren 765LTは、4.0L V8ツインターボが搭載され、765PS/7500rpm、800Nm/5500rpmというスペック。トランスミッションは、デュアルクラッチトランスミッションの7速SSG(シームレス・シフト・ギヤボックス)が組み合わされています。0-100km/h加速は、約2.8秒という俊足ぶり。また、トランスミッションには、「リミット・ダウンシフト」と呼ばれる新しい機能が加えられていて、エンジンがオーバーレヴすると、エンジンの回転数と車速が合うとギヤが変更されます。

マクラーレン
マクラーレン「765LT」のインパネ

また、「720S Coupe」よりも最低地上高が5mm(リヤは変更なし)低くなり、フロントのトレッドが6mm拡幅されたことで、グリップと操縦安定性が向上したそう。

マクラーレン
マクラーレン「765LT」のリヤビュー

エアロダイナミクスも「720S Coupe」より進化していて、フロントの大型スプリッター、拡張されたリヤディフューザーとの組み合わせにより、ダウンフォースが25%増えています。

マクラーレン
マクラーレン「765LT」のシート

そのほか、サスペンションやブレーキシステムの性能向上、新開発のピレリ製タイヤなどが盛り込まれていて、「ロングテール」の最新モデルらしい性能が付加されているそう。なお、日本での発売時期、価格などの詳細は明らかにされていません。

(文:塚田勝弘)

『マクラーレン』の最新記事
マクラーレンのル・マン優勝25周年限定車の色はどうして「上野グレー」? 実は日本と深い関係があった!
マクラーレン 720S
1995年のル・マン24時間レース優勝を記念した50台限定車「720S ル・マン」が発表
ノビテック マクラーレン_013
マクラーレン・セナをカスタムチューン! GTR超えの902馬力を発揮する過激モデル
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事