トヨタのコンパクトSUV「ヤリス クロス」がアジア市場で先行デビューしていた!?

ヤリスクロス

■3月3日にジュネーブモーターショー2020で新型コンパクトSUVを公開

欧州トヨタが「ジュネーブモーターショー2020」で新型コンパクトSUVを3月3日11時15分(現地時間)にワールドプレミアすると発表しました。

新型コンパクトSUV
トヨタがジュネーブショー2020で3 月3日に公開予定の新型コンパクトSUV

同社はこれまでにサイドビューのイメージとリヤビューのティザー画像を公開しており、新型ヤリスと同様にTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)に基づく新世代「GA-B」プラットフォームを採用、インテリジェントAWDシステムと最新のハイブリッド技術を組み合わせたSUVであることが判明しています。

シャープな横基調のテールライト
シャープな横基調のテールライト、「HYBRID」や「AWD-i」のエンブレムが見てとれる

新型SUVの車名は未発表ですが、画像からは高い地上高やスクエアなホイールアーチ、シャープな横基調のテールライト、「HYBRID」や「AWD-i」のエンブレムが見て取れます。

パワートレインは1.5L直3ガソリンエンジン+電気モーターのハイブリッドで、システム総出力は113psとの予想。全長は4,000mm以内に収められ、B-SUVセグメントモデルとして登場するようです。

■昨年11月に先行デビューしたコンパクトSUV「ヤリス クロス」って一体何者?

一方、トヨタは先行して昨年11月に「ヤリス クロス」と称するコンパクトSUVを発表しています。

ヤリス クロス
アジア市場向けに先行デビューした「ヤリス クロス」

アジア市場向けのヤリス(3代目ヴィッツがベース)をSUV化したもので、フロント/サイド/リアスカート、黒色ルーフ、16インチアルミホイールなどに加え、専用のスプリングセットで最低地上高が30mmアップされています。

「ヤリス クロス」のネーミングがもしや?と思わせますが、イラストと見比べれば判るように、今回ジュネーブショーでデビューするコンパクトSUVとは別物のようで、ボディサイズも全長4,145mmx全幅1,730mmx全高1,500mmとやや大きめ。

欧州トヨタによると、新型SUVは仏バレンシエンヌ近郊のTMMF(トヨタモーターマニュファクチャリングフランス)で新型ヤリスと共に生産するそうで、3月3日の記者会見の様子をこちらで実況するそう。

日産も先頃、コンパクトSUVのティザー画像を公開しており、SUV市場の拡大が期待できそうで、今後の両社の正式発表が大いに待たれます。

Avanti Yasunori・画像・動画:トヨタ自動車)

【関連記事】

欧州トヨタが新型ヤリスをベースにしたコンパクトSUVのティザースケッチを公開!
https://clicccar.com/2020/01/16/948197/

トヨタ自動車が新型車「GRヤリス」を初公開! 価格は3,960,000円?
https://clicccar.com/2020/01/10/945228/

【関連リンク】

Yaris Cross(タイ仕様) https://www.toyota.co.th/en/model/yaris

『トヨタ自動車』の最新記事
トヨタ パッソ
トヨタ・パッソに、かわいらしさをプラスした特別仕様車「MODA“Charm”」が登場【新車】
トヨタ ダイナ
トヨタ・ダイナ(2t積載系)が一部改良。衝突被害軽減ブレーキの性能を向上
ベトナムモーターショー2019にも出展、トヨタ「Tj クルーザー」の発売時期は?
トヨタ自動車貞宝工場
トヨタグループの新型コロナへの取り組み。グループと共に医療用マスク生産、マスクの自給自足、軽症感染者移送サポートの検討などに着手
トヨタ アプリ
トヨタのキャッシュレス決済アプリ「TOYOTA Wallet」に、Android版アプリが登場
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事