VW・ゴルフGTI、最強モデル「TCR」プロトタイプを初スクープ!

■2.0リットル直4搭載、最高出力は300馬力を発揮

新型VW「ゴルフ」に設定されるハイパフォーマンスモデル、「GTI」の最強モデルとされる「GTI TCR」プロトタイプを、カメラが初めて捉えました。

VW ゴルフ GTI TCR_009
VW ゴルフ GTI TCR 新型プロトタイプ

捉えたプロトタイプはカモフラージュも少ないです。しかしゴルフ新型のパーツを装備しているなどダミーパーツも多く、テストミュールに近い初期プロトタイプと言えそうです。

但し、先日スクープした「GTI」よりボディがローダウンされ、高性能サスペンション、クロスドリル・ローターを備えるブレーキディスク、新デザインのホイールを装備しているほか、楕円形のテールパイプやフロントバンパーのインタークーラーは、先日捉えたGTIプロトタイプより大型化されているように見られます。

VW ゴルフ GTI TCR_008
VW ゴルフ GTI TCR 新型プロトタイプ

最終的な市販モデルには、より大型のルーフスポイラー、リアディフューザー、アグレッシブなボディキットも装備されるほか、キャビン内では専用のスポーツシート、カーボンファイバートリムなどに変更が加えられるはずです。

GTI新型のパワートレインは、2.0リットル直列4気筒ターボエンジンを搭載し、最高出力245ps発揮すると予想されますが、GTI TCRでは、同エンジンから最高出力300psを発揮、ロック式フロントディファレンシャルと連動する7速DSGデュアルクラッチを介して前輪に供給されます。現時点では、6速MTの設定は不明です。

VWは3月のジュネーブモーターショーにてGTI新型を発表予定で、GTI TCRは2020年内となりそうです。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?