キアの大ヒットSUV「ソレント」次期型、衝撃のフルヌードを先行公開!

■デビューは2月17日が最有力。現行型より冒険的なルックスへ

韓国キアの主力ミッドサイズ・クロスオーバーSUV「ソレント」の新型プロトタイプを、フルヌード状態でカメラが捉えました。

キア ソレント_007
キア ソレント新型プロトタイプ

初代ソレントは2002年に登場、2009年4月のソウルモーターショーでは先代のボディ・オン・フレーム構造ではなくモノコックボディを採用した2代目が発表されました。現行モデルとなる3代目は2015年から発売されており、わずか5年で新型へバトンタッチされます。

捉えたプロトタイプは、現行モデルと比較してはるかに冒険的なスタイルが見てとれます。正面のタイガーノーズグリルはより複雑な形状になり、ヘッドライトはグスクエアタイプに変更、グリルと一体感が持たされています。

よりシャープな印象のサイドではドアに沿って下部セクションが顕著になり、ルーフレールやスポイラーも刷新されています。

キア ソレント_015
キア ソレント新型プロトタイプ

リアエンドも激変しています。両サイドには2つの大型垂直テールライトを採用するほか、薄い台形のエキゾーストシステムなどスポーティな仕上がりが見てとれます。

グローバルモデルであるソレントのパワートレインは、市場により異なり、2.5リットル自然吸気直列4気筒、2.0リットル直列4気筒ターボチャージャー、2.0リットル及び2.2リットルディーゼルターボエンジン、さらにはハイブリッド、プラグインハイブリッドなどの設定も有力です。

キア ソレント_002
キア ソレント新型プロトタイプ

ワールドプレミアは2月17日と予想されています。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?