TOYOTA GAZOO Racingが2020年の国内モータースポーツ活動を発表

GAZOO_Racing_体制発表_001

●「ルーキー」満載となったTOYOTAの2020年体制発表

国内モータースポーツ開幕まであと2ヶ月となった2月7日、TOYOTA GAZOO RacingがスーパーGT、スーパーフォーミュラの2020年参戦体制を発表しました。

まず1番気になるのはやはりスーパーGT500クラス。今シーズンも6台体制、今シーズンからは”Supra is Back”ということでスーパーGTにスープラが帰ってきます。

Gazoo_Racing_体制発表_002
DTMとの共通規則「Class1」規定完全準拠となるGR Supra GT500で2020年を戦うTOYOTA陣営が体制発表を行った

6チームのうち、37号車KeePer TOM’sの平川亮・ニック・キャシディ組、38号車ZENT CERUMOの立川祐路・石浦宏明組、39号車DENSO KOBELCO SARDのヘイキ・コバライネン・中山雄一組は昨年から変更がありませんでした。

36号車au TOM’sはWEC世界王者の中嶋一貴選手がスーパーGTと開催日程の重複するWECに専念するため、昨シーズン全日本F3チャンピオンとなったサッシャ・フェネストラズ選手が新加入となりました。フェネストラズ選手にとっては初めてのGT500、そして初めてのブリヂストンタイヤということで、GT500ルーキーながらどんな活躍を見せてくれるのか、今シーズンの見どころの一つになりそうです。

Gazoo_Racing_体制発表_003
GT500ルーキーのサッシャ・フェネストラズ選手

そのフェネストラズ選手とは昨シーズンF3やGT300で常にライバルとして争ってきた宮田莉朋選手もGT500にステップアップを果たしました。宮田選手は昨シーズンの第2戦富士で中嶋一貴選手の代役として36号車をドライブした経験がありましたが、今シーズンは19号車WedsSport BANDOHからの参戦となります。

Gazoo_Racing_体制発表_004
体制もゼッケンも変わるWAKO’S。カラーリングも気になるところ

そして昨シーズン17年ぶりのシリーズチャンピオンを獲得したWAKO’Sはチームル・マンに変わり38号車と同じくセルモからのエントリーとなり、チーム名も「TGR TEAM WAKO’S ROOKIE」、そして気になるゼッケンは「14」となりました。ドライバーは大嶋和也選手と山下選手に代わり昨年19号車をドライブした坪井翔選手のコンビとなりました。

●チャンピオンマシンのドライバーは後日発表

続いてスーパーフォーミュラですが、参戦チームは6チーム・11台とこちらも変わりはありませんが、これまで1台体制だったKCMGが2台体制となり、国本雄資選手がKONDO RACINGから移籍してきました。国本選手は18号車をドライブし、昨年までその18号車をドライブしていた小林可夢偉選手は7号車をドライブすることになりました。

Gazoo_Racing_体制発表_005
念願の2台体制になるKCMG。いよいよ小林可夢偉選手のSF初優勝が見られるか?

そして昨年までそのゼッケン7を使用していたチームル・マンは1台体制となり、スーパーGTと同じくメンテナンスがセルモへ、チーム名も「ROOKIE Racing」となりました。ゼッケンも同じく「14」、大嶋和也選手が引き続きドライバーを務めます。

Gazoo_Racing_体制発表_006
KONDO RACINGからルーキーテストでSF19をドライブしたフェネストラズ選手

TOYOTA陣営では今の所唯一、サッシャ・フェネストラズ選手がスーパーフォーミュラにもステップアップ、昨年はGT300で所属していたKONDO RACINGからの参戦となります。

Gazoo_Racing_体制発表_007
2019年王者のニック・キャシディ選手。スーパーGTでは参戦体制が発表されましたがSFでは発表されない理由も気になります

今回の体制発表でおそらく誰もが気になっているのが、昨年悲願のシリーズチャンピオンを獲得したニック・キャシディ選手の名前が発表されず、チャンピオンマシンである1号車のドライバーが未定となっている事ではないでしょうか?こちらについては3月に開催されるオフィシャルテストまでには発表、もしくはそのテストで誰がステアリングを握るのかでわかると思います。

●ミシュランタイヤがGT300に帰ってくる

そしてスーパーGT300クラスでは既報のとおりGT300にもGRスープラが参戦を開始。2台のプリウスPHV30号車永井宏明・織戸学組、31号車嵯峨宏紀・中山友貴組と96号車新田守男・阪口晴南組に変更はありません。

Gazoo_Racing_体制発表_008
昨年オートポリスで優勝した60号車。タイヤをミシュランにスイッチして2020シーズンを戦う

注目は昨年第6戦オートポリスで優勝した60号車LM corsa。GT500クラスにステップアップした宮田選手に代わり、昨年まで全日本F3でその宮田選手やフェネストラズ選手たちとしのぎを削っていた河野駿佑選手が新たに加入、そしてタイヤもGT300クラスとしては2014年以来の参戦となるミシュランタイヤに変更されたことです。

LEXUS RC-F GT3とミシュランタイヤのパッケージはデイトナ24時間などのIMSAでデータも揃っているほか、河野選手はGT300では他チームのエンジニアとしても活躍してきており、今シーズン注目の1台になりそうです。

Gazoo_Racing_体制発表_009
GT300ルーキーとなる河野駿佑選手

また、昨年はスーパー耐久や特別交流戦のスプリントカップにも参戦していたMax Racingが新規参戦することになりました。ゼッケンは「244」でドライバーは1年のブランクから久保凛太郎選手が復帰し、昨年FIA-F4で活躍した三宅淳詞(みやけあつし)選手とのコンビになることが発表されました。

Gazoo_Racing_体制発表_010
GT300マシンとスプリントカップで争ったMax RacingのRC-F GT3

今回のTOYOTA GAZOO Racingの参戦体制発表で、ホンダ、日産の3大メーカーの参戦体制が出揃いました。ルーキードライバー、ルーキーチームをはじめ昨シーズンはスーパーGTとスーパーフォーミュラの両タイトルを獲得したトヨタ陣営の今シーズンの活躍にも期待しましょう!

(H@ty)

【関連記事】
全日本F3選手権「最後のチャンピオン」が決定! サッシャ選手がタイトル奪取【スーパーフォーミュラ第5戦もてぎ】
https://clicccar.com/2019/08/19/904287/

新たなJAF-GTマシンが誕生! 埼玉トヨペットGreen BraveがGRスープラでGT300クラスに参戦【東京オートサロン2020】
https://clicccar.com/2020/01/12/946027/

『スーパーGT』の最新記事
Mac Racing_001
【SUPER GT 2020 新規参戦チームインタビュー】Max Racing「悔しさをバネに、アツい気持ちの伝わるレースを魅せたい!」
岡山国際サーキットのSUPER GT公式テスト
新型コロナウイルスの影響でSUPER GT開幕戦とスーパーフォーミュラ第2戦が開催延期
Moduloサポートの2チーム
スーパーGTで2クラスをサポートするホンダアクセスがModuloのモータースポーツ公式サイトをオープン【SUPER GT2020】
GRスープラ_001
「第3のスープラ」!? スーパーGTに導入されるGRスープラは3タイプあった!【SUPER GT 2020】
スーパーGT識別灯_01
サーキット観戦でも順位がわかりやすくなるってホント? 新たに導入される識別灯ってどんなもの?【SUPER GT 2020】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事