マイナーチェンジ後のルノー トゥインゴにファン待望のMTモデルが登場【新車】

■180万円を切る価格設定が魅力

ルノー トゥインゴ
マイナーチェンジ後のトゥインゴにMTモデルが登場

2019年8月にマイナーチェンジを受けた新型ルノー トゥインゴ。パリを走るために生まれたデザインや走りは日本の都市にもマッチします。

改良後は、デザインやライフスタイルに調和する新しいエクステリアデザインをまとい、新たにスマートフォンのミラーリング機能により7インチタッチスクリーンでスマホ内の各種機能にアクセスでき、「Siri」や「Google アシスタント」を利用した音声での操作もできるマルチメディア「EASY LINK(イージーリンク)」が搭載されました。

ルノー トゥインゴ
小気味よいシフトフィールが魅力の5速MTモデル

さらに、デュアルクラッチトランスミッションのEDCモデルは、以前お伝えしたように、トランスミッションの制御がスムーズになり、美点である小気味よい走りをさらに磨き上げています。一方、MTとの相性も抜群のトゥインゴだけに、その登場を待っていた方も多いはず。

2020年2月3日から発売された新型「ルノー トゥインゴ S」は、950kgという軽いボディを、直列3気筒DOHC12バルブ 1.0L NAエンジンと5速MTを駆使して思いのままに走らせられるモデル。外観では、専用15インチホイールカバーが用意され、スポーティなデザインを引き立てています。

ルノー トゥインゴ
「トゥインゴ S」は、専用の15インチアルミホイールを装着

ボディカラーは、「ジョン マンゴー」「ブラン クリスタル」「ブルー ドラジェ」「ルージュ フラム メタリック」「ヴェール ピスタッシュ」の5色。「ルノー トゥインゴ S」の価格は、1,790,000円です。

(塚田勝弘)

『ルノー』の最新記事
ルノー・トゥインゴZ.E.イメージ
日本の使い方にピッタリ? ルノー・トゥインゴのEVは少なめのバッテリーで180kmを走る
「象牙色の岩が織りなす風景」をボディカラーのテーマにした「ルノー カングー ペイザージュ」が登場【新車】
2020 - Nouvelle Renault MEGANE E-TECH Plug-in
ルノー・メガーヌに135km/hまで電気だけで走れるプラグインハイブリッド仕様が登場【新車】
ルノー カングー クルール
今度の「ルノー カングー クルール」は、フランスの田園風景をイメージした自然な美しさが魅力【新車】
マイナーチェンジでスムーズになった走り、街中でも十分に楽しめる【ルノー トゥインゴ試乗記】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事