18年ぶりのフルチェンジ。VW商用バン「キャディ」をキャッチ

■MQBプラットフォーム採用で2種のボディ、アイスバーンで走行テスト

VWの商用バン「Caddy(キャディ)」の新型プロトタイプが厳冬のフィンランドで耐寒テストする様子をが捉えました。

VW キャディ_001
VW キャディ新型プロトタイプ

カメラマンによると、凍りついたアイスバーンで急停止、急発進、加速、ターンをおこなうなど機敏に動いていたようです。

VW キャディ_006
VW キャディ新型プロトタイプ

次期型では前輪および全輪駆動車用「MQB」プラットフォームを採用、少なくとも2種類の長さのボディが用意されます。

最新プロトタイプからは、閉じた上部グリル、VW最新のヘッドライト、多数の安全システム用レーダーユニットが確認できます。また新型には両サイドにスライドドアを採用、テールライトは、ルーフまで伸びる垂直型が予想されます。

パワートレインは、ターボチャージャー付きのディーゼル、及びガソリンユニット、そして遅れてマイルドハイブリッドの設定も濃厚といえるでしょう。

3代目である現行モデルは2003年にデビューしており、以降16年間フルモデルチェンジが行われていません。新型は2021年に登場が予想されており、実に18年ぶりのフルモデルチェンジとなります。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
レクサス UC
レクサス版「86」登場!? 新型2ドアクーペ「UC」登場で長男「LC」次男「RC」と2ドアスポーツクーペ3兄弟になる?
VW ID. BUZZ_006
ID.BUZZ市販型、ブランド史上初のフルエレクトリックモデルへ。最新プロトをキャッチ!
ポールスター 3
ボルボのパフォーマンスブランド第3弾はSUV。「ポールスター 3」は8月デビューか?
フェラーリ Simoon_004
その名は「砂嵐」。フェラーリが新たなクロスオーバー計画中!?
BMW 3シリーズEV_001
BMW・3シリーズのEVモデルは市販型に専用LED DRL装備か?

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事