デビューは6月24日!? アルファロメオの新型コンパクトSUVを大胆予想!

■「ステルヴィオ」の下に位置するBセグSUV、パワートレインはプジョー2008と共有?

アルファロメオは、6月24日に新型モデルを発表する可能性があることがわかりました。

アルファロメオ トナーレ外観_002
アルファロメオ トナーレ

イタリアの「Motori Online」によると、現時点で車種は不明ですが、2019年3月のジュネーブモーターショーで公開されたコンパクト・クロスオーバーSUV「トナーレ」市販型、あるいはスポーティなグランドツアラーと予想しています。

アルファロメオ トナーレ外観_003
アルファロメオ トナーレ

トナーレはPSAグループの最新プラットフォームに乗るBセグメントSUVで、兄貴分「ステルヴィオ」の下に位置します。

市販型のパワートレインはプジョー「2008」と共有する可能性があり、1.2リットル直列3気筒エンジンを搭載、最高出力は130hpと155hpが設定されるほか、最高出力100hpと130hpを発揮する1.5リットル直列3気筒ディーゼルエンジン、さらに最高出力136hp、航続192マイル(312km)のパフォーマンスを持つフルEVも予想されています。

同社最新のロードマップからも「C-UV」と名付けられたコンパクトSUVの可能性が高い反面、最近では「8C」と「GTV」新型の導入が見送られたことからも、スポーティモデルの発表の可能性は低いようです。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?