これは欲しい! GRヤリスのコンバーチブルはこんな感じになる!?

トヨタ GR ヤリス カブリオレ 予想CG

■後部座席を排除し2シーター化。ロールバーを設置してスポーティに変身

トヨタは1月の東京オートサロンにて高性能コンパクトハッチ「GRヤリス」(GR-4)をワールドプレミアしましたが、その派生オープンモデルとなる「GR ヤリス コンバーチブル」を大予想してみました。

トヨタ GR ヤリス カブリオレ 予想CG
トヨタ GR ヤリス カブリオレ 予想CG

協力してくれたのはお馴染み「X-Tomi Design」です。予想CGでは後部座席を排除、ロールバーを設置し2シータースポーツへ変身させています。

トヨタ GR ヤリス外観_001
トヨタ GR ヤリス

GRヤリスのスペックは、6速MTと組み合わされる1.6リットル直列3気筒ターボチャージャーエンジンを搭載、最高出力272hpを発揮し「86」よりワイドなトレッドを持っています。そのほか18インチ大径アルミホイール、レッドブレーキキャリパーを装備し、価格は「RZ」が396万円、「RZ High Perforance」が456万円となっていますが、コンバーチブルが実現すれば同スペックをもち、500万円以上が予想されます。

実はトヨタは、2015年の「ガイキンド・インドネシア国際オートショー(GIIAS)」にて、ヤリスをベースにした2台のコンセプトモデルを発表しており、その1台がコンバーチブルの「ヤリス レギャン」でした。

どちらもトヨタとアストラインターナショナルの現地合弁企業「トヨタアストラモーター」(TAM)が独自に企画、デザインしたものでしたが、トヨタ独自で実現する日が来るかもしれません。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
キア ピカント_006
韓国・キアのサブコンパンクトカー「リオ」、改良型に「アイスキューブ」LEDを採用か?
アリエル ハイパーカー_001
怖すぎるデザイン!? アリエル、1,180馬力のハイパーEVを初公開へ
BMW M4クーペ_003
新ボディカラーが露出! 新型BMW M4クーペ、デビューは今夏か?
スズキ エスクード新型
スズキ・エスクード次期型は、新開発48Vマイルドハイブリッド&クーペスタイルか!?
メルセデス AMG GLE63_003
3月のジュネーブショーで初公開か? メルセデス・ベンツ 最強クーペSUV、新型AMG「GLE63」は571馬力
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事