これは欲しい! GRヤリスのコンバーチブルはこんな感じになる!?

■後部座席を排除し2シーター化。ロールバーを設置してスポーティに変身

トヨタは1月の東京オートサロンにて高性能コンパクトハッチ「GRヤリス」(GR-4)をワールドプレミアしましたが、その派生オープンモデルとなる「GR ヤリス コンバーチブル」を大予想してみました。

トヨタ GR ヤリス カブリオレ 予想CG
トヨタ GR ヤリス カブリオレ 予想CG

協力してくれたのはお馴染み「X-Tomi Design」です。予想CGでは後部座席を排除、ロールバーを設置し2シータースポーツへ変身させています。

トヨタ GR ヤリス外観_001
トヨタ GR ヤリス

GRヤリスのスペックは、6速MTと組み合わされる1.6リットル直列3気筒ターボチャージャーエンジンを搭載、最高出力272hpを発揮し「86」よりワイドなトレッドを持っています。そのほか18インチ大径アルミホイール、レッドブレーキキャリパーを装備し、価格は「RZ」が396万円、「RZ High Perforance」が456万円となっていますが、コンバーチブルが実現すれば同スペックをもち、500万円以上が予想されます。

実はトヨタは、2015年の「ガイキンド・インドネシア国際オートショー(GIIAS)」にて、ヤリスをベースにした2台のコンセプトモデルを発表しており、その1台がコンバーチブルの「ヤリス レギャン」でした。

どちらもトヨタとアストラインターナショナルの現地合弁企業「トヨタアストラモーター」(TAM)が独自に企画、デザインしたものでしたが、トヨタ独自で実現する日が来るかもしれません。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
ホンダ シビック タイプR 予想CG
2021年デビュー。ホンダ シビック・タイプR次期型はこうなる!エクステリアを大予想
シュコダ エンヤックGT_002
シュコダ初のEV・エンヤック、スポーツ版「GTクーペ」設定へ!
ランドローバー レンジローバー_004
世界最高峰SUVの走りを見ろ! ランドローバー「レンジローバー」次期型、ニュル高速テストに出現
日産 フェアレディZ SUV_001
新型・フェアレディZに、驚愕のクロスオーバーSUV計画が存在!?
トヨタ GR スーパースポーツ_003
欧州で商標登録! トヨタGRスーパースポーツ市販型は「GR 010」か?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事