YZF-R25がネオレトロ仕様に! ロアーズオリジナルとGGレトロフィッツのコラボ車がイケてた

●ノーマルから大変身! レトロルックなスタイルにカスタムされたYZF-R25

250フルカウルブームの火付け役となったヤマハのYZF-R25。つい最近モデルチェンジされましたが、以前のモデルも新型モデルも街でよく見かける車種です。

そんなR25が流行りのネオレトロスタイルにカスタムできるんです!

こちらがバイクアパレルメーカー「ROARS ORIGINAL」と「GG Retrofitz」のコラボによってカスタムされたYZF-R25。ノーマルは王道フルカウルで250とは思えないほどスポーティーなスタイルですが、ガラッと変わってレトロルックなスタイルにカスタムされています。

カスタムショップの「9GATE」がカスタム作業し、カウルなどはGGレトロフィッツのボディキット。ペイントや細かいカスタムパーツはロアーズオリジナルによってチョイスされました。

ここまでガッツリ雰囲気が変わるカスタムがR25でできちゃうって驚きですよね!

カウルの形はまさに70年代に活躍していたビンテージレーサーテイスト。そこに現代のパーツを組み込むからこそ生まれるこの雰囲気がカッコイイ!

LEDヘッドライトはなんとAudiのパーツをカスタムして付けているとか。素人じゃ中々真似できませんが、プロのカスタムショップならではのイジり方です。

このボディキットが凄いのはフロントカウル以外基本は純正を残せるポイント。タンクは丸ごと交換しているのではなく、タンクカバーなので上から被せるだけでこのテイストに仕上がるんです。

高級感漂うシートはロアーズオリジナルで使っている本皮レザーに張り替えられています。

バイクのシートに使う場合大体合皮ですが、やっぱ本皮は質感が違う…。形は純正ですが、レザーが違うと雰囲気もガラッと変わり、全体のレトロなテイストを引き立たせています。

テールはシングルシート仕様。最近のフルカウルスポーツはテール周りがスッキリしているものが多いですが、このボテッとした感じがレトロでカッコイイ!

耐久レーサー的な雰囲気はこういうフォルムからも来ているんです。

なんとテールランプは純正を使っています。なので元のパーツを残した状態でテールカウルを被せてフィッティングしています。

これはプロのカスタムショップによるものなので超キレイに仕上げられていますが、GGレトロフィッツのボディキットはこういう作りも面白いポイントです。

こういう雰囲気があるのって旧車だけか、めちゃくちゃ金をかけたカスタム車にしか出せないと思ってましたがR25がこういうテイストに仕上がるのは新鮮ですよね!

これで夜の都会とか流したら凄い似合いそう…。現代だからこそできるネオレトロカスタムでした!

(ライター:佐藤 快/Moto Be 20代にバイクのライフスタイルを提案するWEBマガジン

【関連リンク】

GG Retrofitz ボディキットの詳細はこちら!
https://www.webike.net/sd/23979831/

カスタムの相談はこちら! 9GATE
https://9gate.shopinfo.jp/

ROARS ORIGINAL
営業時間:12:00〜21:00
定休日:水曜日
〒106-0031 東京都港区西麻布1丁目15-14

【関連記事】


【ツーリング】バイクで行って欲しい!今までツーリングに行ってMotoBeが感動したスポット5選


【二輪男子必見】イマドキ女子にバイクはどう見える?彼氏に乗ってて欲しいバイクはどっち?!vol.1


【無料ナビアプリ】Yahooカーナビ、グーグルマップ、バイクに向いてるのはどっち?5年使ってみたレポート


【豆知識】これ知っておくと今後のバイクライフが変わる?バイクのタイヤって実は大きく分けて二種類あるらしい!

『MotoBe』の最新記事
バイクの自由さを活かせるナビBeeLine Motoをスマホナビどっぷり世代のライダーが使ってみた!
次世代バイクナビ「BeeLine Moto」はどうやって使う?ペアリング方法やマウントの取り付け方など解説!
150だからってナメちゃいけない、気になるところ一挙検証! 新車が20万円代で買えるGPX Legend150の性能をチェック
実車の迫力は想像以上だった! 新車が20万円代で買えるGPX Legend150はいま一番安く乗れるストリートバイク?
ウォータースライダーをバイクで走る! 誰もが一度は想像したあのシチュエーションが楽しそう
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事